2013年

6月

22日

世界最小級のプラグを生かした、もっと強固なパッチケーブルキット!

 

Soldered Mini Plug Kit Right Angle L字型プラグ


 

Soldered Mini Plug Kit L字プラグ×6+ストレートプラグ×4セット


 

大変ご好評いただいております、はんだ不要で使えるLava Cableのパッチケーブル製作キット、Lava Solder-Free Kit。

 

このキットは、好きな長さで簡単にパッチケーブルが作れるのはもちろんのこと、世界最小クラスのプラグ形状でも人気です。

 

 

 

このMooerのペダルボードの参考写真にも使っていますが、このとおりうまく使うと非常にコンパクトにケーブルをまとめることができる優れものです。

 

しかし、Solder-Freeキットは半田付け不要でたしかに便利なのですが、物理的にどうしても、プラグがゆるんできたりあまりにも大きな力がかかった場合にケーブルとプラグが外れたり、ずれたりしてしまうことはあり得ることです。

 

そこでLava Cableは、小さなパーツを少し加え、半田付けの行程を加えてこれまでのプラグはそのままにより強固にパッチケーブルを作成できるキットを製作。ただいま入荷しています。

 

 

 

このキットの構造はこのとおりです。

 

少しパーツが増えています。

 

 

 

作り方はこのとおり。実際にやってみます。

 

 

 

まず、キットを開けます。

 

 

 

ケーブルの先端の皮膜を、付属のケーブルストリッパーで剥きます。

 

 

 

できました。これでStep1終了です。

 

 

 

続いてStep2。付属の絶縁体をこうしてケーブルに通します。

 

 

 

通したら、余分なシールド線をまとめてしまいましょう。

 

 

 

ここからStep3。

 

少し細かい作業になります。

まず、シールド線の内側にある芯線の部分もはさみ等をつかって剥きます。

 

 

 

このように、芯線そのものをむき出しにします。

 

 

 

では、先に芯線にはんだを少し載せておきましょう。

 

 

 

次に、この写真の手前にある小さな銀色のピンを使います。

 

 

 

これを、こうして・・・

 

 

 

はんだ付けします。

ここが最も重要なところで、このピンがプラグの内部でしっかりとかみ合い、これまでのはんだ不要のキットとは全く違う強靱さを実現します。

 

 

 

次はStep4。

 

付属の黒いチューブをかぶせます。

 

 

 

Step5とStep6は、はんだ不要キットのプラグ取り付けとまったく同じ。

プラグの中にある針を先ほどのピンにしっかり通し、あとはプラグのキャップを締めるだけです。

 

 

 

普通のプラグと比べ、明らかに場所を取らないこのコンパクトプラグ。

 

このプラグを使ったケーブルを、さらにこだわって強く作りたいプレイヤーのためのキットです。