2013年

5月

18日

徹底した実戦志向!Amptweakerペダル、TightRockを使いこなせ!

数あるAmptweakerのペダルの中で、もし最も汎用性の高いペダルは、といえばこのTightRockを挙げさせていただきます。

それは何故か、それは今日のブログを読んでいただければ分かります。

 

まずは、多彩なコントロール類によるものです。

ノブはVolume、Gain、Tone、Tight。Amptweakerペダルの最もスタンダードなコントロールノブを搭載。ローエンドを操作出来るTightノブにより、通常の歪み系ペダルよりも柔軟に音の調整が可能です。

 



さらにいろいろなスイッチがあります。まずEQスイッチ。

これは歪みの特性を変更することで、マーシャルプレキシスタックのような音を作るためのもの。あのマーシャルサウンドも得られるペダルなのです。

 

 

 

また、ゲインブーストスイッチによって、ハイゲインディストーションの領域に足を踏み入れることもできます。軽いクランチからハイゲインまで1台でこなせるペダルなのです。

 

 

 

ハイゲインセッティングでも安心して使えるノイズゲートも搭載。Amptweakerのノイズゲートはとても優秀で、そもそもノイズレスなペダルですがギター側などの特性によりどうしても出てしまうノイズも綺麗にシャットアウトします。

 

 

 

他のAmptweakerペダル同様、アダプタ駆動時にはノブを照らすLEDが光り、暗いステージでもセッティングを即座に確認できます。

 

 

電池駆動なら、ボードをセッティングしてから電池の消費を抑えられる電源スイッチもあります。もちろん強固に守られており、誤ってスイッチが変わることもありません。

 

 

 

電池ボックスは工具不要で楽に電池交換ができます。電池スナップ式なので、もしこの蓋が開いても電池が外れません。

 

 

 

Amptweakerペダルならではの、ON/OFFに連動するエフェクトループも搭載。

 

 

 

底面のスイッチで、エフェクトループが歪みの前になるのか、後になるのかも切り替えられます。

 

 

 

そして、このTightRockにはもう1つ、エフェクトループが付いています。

この「Side Trak」エフェクトループは、TightRockがOFFの時に有効になりONの時に無効になるというもの。

 

例えばコーラスなど、クリーンのときにかけて歪みの時にはかけたくないエフェクトをここの接続することで、TightRockのスイッチのみで切替が出来ます。他の歪みをつないで1発切替としても有効ですね。

 

 

 

内部も丁寧に製作されているのが分かります。

 

 

 

フットスイッチは12PINの4PDT式。これはSide Trakループも同時に制御しながらトゥルーバイパスを実現するためのものです。

 

 

 

ノブを照らすLEDもこの基板に設けられています。両面にパーツがあり、コンパクトさとそれを補ってあまりある機能性はこういう工夫によるものです。

 

 

 

そして音もとても素晴らしいです。ロックならたいていのジャンルの音はこのペダルが担うでしょう。

ペダルボードの中心で司令塔として使える、素晴らしいペダルです!

 

TightRockの詳細はこちら!