2013年

3月

17日

オートエクスプレッションペダル!Copilot fx Broadcastがさらに使いやすく!

 

エクスプレッションペダルを接続することでリアルタイムにいろいろなパラメータをコントロールするエフェクターや機材が増えてきています。

例えばディレイタイムやフィルターのスウィープなど、ペダルでコントロールすることで全く新しい効果を得ることもでき、有効に活用するととても効果的です。

 

では、エクスプレッションペダルを自動で動かしたらどうか?

数々のエフェクトにエクスプレッションペダル端子を搭載し、リアルタイムコントロールの重要性を知り尽くしたCopilot

fxが、その柔軟な発想で作り出したのは、オートエクスプレッションペダルという全く新しいペダルでした。

 

 

見た目はエフェクターそのものですが、使い方は多くのエクスプレッションペダルと同様、対応するエフェクター等に接続し、外部コントローラーとして使います。

LFOコントロールによって、6種類の波形、さらにスピードや動きの深さを調整可能。設定した波形で、自動的に上下にペダルを動かしているのと同様の効果が得られます。

さらに、そのスピードはノブだけでなくタップテンポで設定することもできるので、これまでのエクスプレッションペダルとは全く違った、新しい世界が目の前に開けます。

 

Broadcast自体はかなり前から作られているんですが、長年のアップデートを重ねることで、かつてのモデルとは全く違った、わかりやすく高機能で使いやすさを実現しました!