2012年

10月

18日

「神」のピックアップを試してみました!

 

フランスからとあるピックアップが届いたので、ToneShpaerを取り付けた

ストラトキャスターのピックアップを交換してみました!

 

今回試すのはフランスのブランド、「KAMI」のストラトキャスター用ピックアップ「"Route 66"」です。

 

KAMIのエフェクターといえば「KAMI Lead Drive」ですが、実はピックアップも多数制作しています。

 

今回取り付けるのは、ストラトキャスター用ピックアップ

「KAMI "Route 66"」です。一体どんな音になるのでしょうか。

 

 

それでは早速ピックアップの交換を始めたいと思います!

写真のストラトキャスターは、先日ToneShaperを搭載したものです。

ToneShaper取り付けの様子はこちら

 

ToneShaperを搭載したギターのピックアップ交換に必要な道具は、

 

・ニッパー(弦を切る)

・ドライバー(ピックガードを開ける)

 

この2つだけです。

 

 

まずは弦を外します。

 

 

ピックガードを外します。

 

 

現在はLundgrenの「Stratocaster '60s Vintage」のネック用、ミドル用が搭載されています。

ブリッジ側には純正のハムバッキングPUが取り付けられています。

 

 

今回使用するピックアップ、「KAMI "Route 66"」のネック側用です。

 

KAMIのビルダーSylvain Muller氏による直筆

 

 

それではピックアップの配線を交換します。

 

ここからがToneShaperの本領発揮です。

基板上のターミナルから現在のピックアップのワイヤーを外して、

 

 

新しいピックアップのワイヤーを差し込むだけです。

 

 

ピックガードから現在のピックアップを外して、

 

 

新しいピックアップを取り付けます。

 

 

キャビティ内に収まるようにワイヤーをまとめておきます。

 

 

ピックガードをギターに戻して、

 

 

ピックアップ交換完了です!

 

 

作業開始からここまで20分かからずに完了です!

 

 

早速音を出してみると、"Route 66"はマイルドな音色でピッキングへの反応性がとてもよい素晴らしいピックアップでした!

 

柔らかな高音に厚みのある中音域、そして存在感はありながらも適度にフォーカスされた低音域のバランスが心地よく響きます。

 

これを機会に他のKAMIのピックアップもご紹介できればと思います!

 

 

 

また本日のピックアップ交換で取り外しました、「Lundgren Stratcaster '60s Vintage」のネック側ピックアップは明日お買い得な価格で販売させていただきます。

詳細はTwitterでご案内致しますので、ぜひチェックしてみて下さい!

 

Twitterのアカウントはこちら

 

 

KAMIのエフェクター「KAMI Lead Drive」の詳細

ToneShaper - Solder Free Pickup Installer-の詳細

Lundgren Guitar Pickups Strat. '60s Vintageの詳細

 

 

(2012.10.18更新)