2012年

9月

01日

Devi Everカスタムモデル「Truly Beautiful Hyperion 2」入荷しました!

 

個性的なファズ、ノイズブランドとして日本でも大人気のエフェクターブランド、Devi Everより魅力的なカスタムモデルが到着しました!

 

ある日、1枚の写真がDevi EverのFacebookサイトに公開されました。

そのペダルの名前は『Truly Beautiful Hyperion 2』。

 

新作の紹介かと思ったら、見覚えのある名前…。

そうです!あのカオスな発振ノイズファズ「Truly Beautiful Disaster」に、Devi Everの人気ファズ「Hyperion 2」を組み合わせた贅沢な1台です!

 

こちらは「Truly Beautiful Disaster」の動画です。

TBDは、ギター、ベース、ドラムマシンなどあらゆる楽器、機材を繋いで使用することが出来るオシレーターファズ、フィードバックルーパーです。

My Bloody Valentineをはじめ、多くのアーティストが愛用していることでも有名な1台です。

 

 

Truly Beautiful Hyperion 2は、TBDのファズ回路にHyperionの回路を採用し、あの独特なマフサウンドをTBDの強烈な個性によってさらにカオスなサウンドに仕上げます。

 

フィードバックループに繋いだエフェクターによって、生み出されるノイズは様々なので、優秀なノイズマシンとして活用できるでしょう。

 

feedbackノブで、エフェクトループに繋いだ機材のフィードバック量を、droneノブで本体に内蔵されたオシレーターの発振具合をそれぞれコントロールします。一方のノブを少し回しただけで出てくるサウンドは大きく変化するので、使える音を探すために少し遊ぶはずが、気づいたら何時間も経っていたということも。

 

さらに、eyeスイッチをオンにすれば、光学式センサーでもフィードバック量をコントロールできるので、あまりの楽しさにこのペダルの前から動けなくなってしまうかもしれません。

 

boomスイッチではファズモードを切り替え、オクターブダウンファズのような効果を作り出します。

 

もちろん、エフェクトループに何も繋がなくてもdroneノブだけでノイズを作り出すこともできます。

 

 

一方で、フィードバックループをオフにして、droneノブを最小にすることで、発振させることなくファズとしても使用できますので、カオスなペダルに興味はあるけど使えなかった時が怖い、という方でも安心してノイズの世界にチャレンジできるのではないでしょうか。

 

 

Hyperion 2のサウンドはこちら

droneノブを組み合わせることで、Hyperion 2ならではのオシレーターファズサウンドも作り出すことができます!

 

Devi Everカスタムモデル「Truly Beautiful Hyperion 2」、おすすめです!

 

 

(2012.9.1更新)