JHS Pedals / Unicorn

JHS Pedals / Unicorn

ジェイエイチエスペダルズ / ユニコーン

1960年代の終わり、世界の音楽シーンに影響を与えたある新しいエフェクトが日本から発売されました。
ピンク・フロイド“Breathe”、ジミ・ヘンドリクス“Machine Gun”、そして1969年のウッドストックで披露された“星条旗よ永遠なれ”、ロビン・トロワー“Bridge if Sighs”、さらに現代でもパール・ジャム“Alive”など、そのエフェクトの音色は時代を越えて多くのプレイヤーから求められ続けています。
最初はShin-Ei、後にUnivoxブランドでも発売されたそのエフェクトは“Uni-Vibe”と言います。モジュレーション、フェイザー、ロータリーなど多くのエフェクトの原型であり、今でもギタートーンの基礎の一つとして有名です。豊かで、オリジナルで、そしてスタンダードなギターエフェクトとは違ったそのペダルは、伝説として語り継がれています。

JHS Pedals Unicornは、フルアナログシグナルパス、フォトセルトポロジーといった、1960年代のクラシックな発明から得られる全てのもの…Uni-Vibeが持つクラシック回路の“魔法”を損なうこと無く、現代のエフェクトとして新たに作り上げたペダルです。
JHS Pedalsでは、まずLFOレートのタップテンポコントロールを追加し、さらにLFOレシオ設定と、外部タップテンポコントロールにも対応させました。もちろんオリジナル同様のエクスプレッションペダルによるスピードコントロールも可能です。

UnicornにはVolume、Depth、SpeedとRatioノブが並びます。Volumeコントロールはウェットシグナル(エフェクト音)のレベルを0~+9dBのブーストまでコントロールできます。これをドライシグナル(原音)と合わせることで、自在なエフェクトミックスが可能です。
Depthコントロールは、ウェットシグナルとドライシグナルの関係を調整し、かかりの深さを設定できます。原音の背後にうっすらとエフェクトが入るような設定から、ハードにうねるサウンドまでを調整できます。そしてユニコーンにエルフの涙が振りかかるように、キラキラとした音を設定できます。
Speedコントロールは、タップテンポと連携して動作し、エフェクトの動作速度を制御します。エルフの鱗粉がユニコーンのフラックスキャパシタに入ります。
Ratioコントロールは4種類のスピードレシオを選択できます。テンポをタップで設定する際、実際にタップした長さとエフェクト内で設定されるテンポの割合を設定するもので、4分音符、8分音符、付点8分と3連符を設定できます。完璧に設定すれば、四つ葉のクローバーの上だけを飛ぶという神秘的なユニコーンの走りを思い通りに操ることができるかも知れません。
中央にあるWet/Dryのミニトグルスイッチは、上のポジションでクラシックなUni-Vibeのモジュレーションと同じ、ドライ/ウェットがミックスされる設定で、下のポジションではフルウェットのヴィブラートセッティングとなります。Wetセッティングでは古いレコードのようなかすかな揺れからエクストリームにうねるヴィブラートトーンまでを設定できます。

また、UnicornにはIn、OutとTap/Expの3つのジャックがあります。Inは、お使いの楽器を接続する端子で、Outは次のエフェクトやアンプへの出力を接続します。
“Tao/Exp”ジャックは、ステレオケーブルを使用するエクスプレッションペダルや、モメンタリータイプのタップスイッチを接続することで、外部からコントロールできます。この端子をタップテンポとして使用するか、エクスプレッションペダルとして使用するかは内部にあるスイッチで切替えることができます。
例えば、UnicornをPanther Cub、Emperor Chorusなどのタップテンポシグナルを出力できるペダルと接続すれば、テンポを同期させることもできます。

Unicornは史上類を見ない、タップテンポ対応の100%アナログシグナルパス/フォトセルモジュレーションのユニヴァイブペダルです!

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス