Heavy Electronics / Sonic Oppressor

Heavy Electronics / Sonic Oppressor

ヘヴィーエレクトロニクス / ソニックオプレッサー

 

 

長年、ギタリストはコンプレッサーについて選択を迫られてきました。1つは微妙な効果で、コンプレッションがあまりかからず、もう一方は強いコンプレッションがかかるものの繊細さがありませんでした。

この2つの要素は交わることなく、両方の特性を持ったペダルはかつて、ほとんど存在しませんでした。

 

Heavy Electronics Sonic Oppressorは、軽いコンプレッションでナチュラルなサウンドだけでなく、強力なコンプレッションで、エフェクターらしいサウンドの要素も持ったコンプレッサーです。そして、その両方の中間の音をも作ることができます。

 

Sonic Oppressorのオプティカルコンプレッション回路は非常にスムーズで、多くの高圧縮回路で見られるパンピングのような音はありません。

特に、エフェクトを最も強く掛けた際にもスムーズさを失わないよう、Heavy Electronicsではオプトカプラではなく、Vactrol方式を採用しました。Sonic Oppressorは一般的な半周波ではなく全周波整流回路を用い、より深く、そして全て周波数における高いパフォーマンスを実現。そして、ノイズを最小限に抑えるため、OPAラインにはBarr Brown Op-Ampを採用しました。

 

Sonic Oppressorは、非常に広いヘッドルームがあり、それはOutputコントロールまで維持されます。ThresholdとSustainはそれぞれが影響し合い、コンプレッション回路のレスポンスを調整。そしてその結果は、All Seeing EyeのLEDに表示され、視覚的に設定が分かります。このLEDはオプティカル回路と直結しており、プレイした音をトリガーとしたコンプレッション(Threshold)と、そのコンプレッションの強さ(Sustain)を正確に表示します。Gainスイッチは回路を効果的にブーストし、Sustainノブの設定でオーバードライブ的なサウンドを得ることも出来ます!

 

特徴

・アメリカ、ミネアポリスにてハンドメイド

・ギター、ベースに最適な設計

・トゥルーバイパス

・シングルポイントマウントのPCB

・ソケット不使用

・ノイトリック製ジャック

 

※9V電池、または200mA以上の9Vアダプター(EPA-2000推奨)で動作します。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス