Freakshow Effects Digilog Delay

Freakshow Effects / Digilog Delay

フリークショウエフェクツ / デジログディレイ

DIGILOG DELAY(デジログディレイ)はデジタルのクリアなサウンドとアナログディレイの自然な音色を兼ね備えたバランスの良いディレイサウンドが特徴です。
・高品質なディレイが欲しいけど、良いアナログディレイは値段が張ってしまう・・・
・アナログディレイの自然な音色は好きだけど、もう少しこもらずはっきりした音が出れば・・・
このように感じている方は、これ以上ディレイで悩むことはなくなるでしょう!
そして、このペダルにはフットスイッチを踏んでいる間フィードバックが重なっていき、最終的に発振状態を作り出せる、フィードバック/サスティーンスイッチを搭載しています。
これは当店の大人気ディレイペダル「Lunar Echo」にも搭載されているTake Offスイッチと同様の機能で、一度この機能のあるディレイを手にしてしまうと他のディレイには戻れない程の魅力があります。
しかもDIGILOG DELAYではスイッチを踏んだ時の反応をFeedbackノブで自由に調整でき、徐々に増幅されていくようなサウンドから、スイッチを踏んだ瞬間に発振し始めるような設定まで可能で、ユニークで派手なサウンドを演出します!
Freakshow Effectsのエフェクターはすべてアメリカのメーン州にてハンドメイドで制作されています。作り手自身が自分で使いたいと自信を持って言えるようなエフェクターしか作らず、自分達のエフェクターに誇りを持ちながら1台1台心を込めて(遊び心も込めて)制作しています。

【コントロール】
Time(T)ノブ:ディレイタイムの調整。ノブの上にある300/600スイッチを切り替えることで0ms~300ms、または300ms~600msの範囲で調整します。

Mix(M)ノブ:原音とエフェクト音の割合の調整。左側に回すと原音の割合が多く、右側に回すとエフェクト音の割合が大きくなります。また、右側に回すほど、フィードバック/サスティーンスイッチを踏んだ時の反応が大きくなり、設定によってはすぐに発振します。

Decay(D)ノブ:リピート数の調整。左側に回すとリピート数が少なく、右側に回すと多くなります。

Feedback(F)ノブ:本体右側のフィードバック/サスティーンスイッチを踏んだ時の反応を調整します。左側に回すとゆっくりと増幅されていき、右側に回すと増幅スピードが速くなり設定によっては踏んだ瞬間に発振し始めます。

※発振音でスピーカーを痛める場合がありますので、発振させる場合は音量設定に注意して下さい。

電源はDC9Vセンターマイナスアダプタ(One Control EPA-2000を推奨)または9V電池で動作します。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:\29,800-(税抜)