2015年

2月

01日

ひなっちこと日向 秀和さんの、ストレイテナーでのペダルボードです!


NCISでのペダルボードに続き、ストレイテナーの日向 秀和さんよりペダルボードの写真をいただきました!

Darkglass Electronics Microtubes b7kSubdecay Prometheus DLXProteusをご使用いただいています。

Free the Toneのカスタムジャンクションボックス、PT-1D、PT-3D、ARC-3、Providence PEC-04、Chrono Delay、Buffer/Booster、Digitech Bass Whammy、Tech21 Sansamp Bass Driver DI、MXR Bass d.い.+、Bass Envelope Filter、EBS UniChorus、KORG DT-10、ファズプロトが設置されています。

大型のベースボード。プリアンプ3台を使用する、ひなっちらしいスタイルのボードです!

日向 秀和さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

31日

ストレイテナー、大山 純さんからペダルボードの写真をいただきました!


こちらが、ストレイテナーの大山 純さんのペダルボードです!

Mad Professor Sweet Honey OverdriveFire Red FuzzJHS Super BoltOne Control Xenagama Tail Loop 2をご使用いただいています。

さらにBOSS DD-20、SD-1、KORG Pitchblack、XVP-10、Electro-Harmonix Holy Grail、Small Clone、Small Stone、Ibanez TS808HW、AD9、Line6 DL4、MORLEYのMark Tremonti Wah、Providence(Free the Tone)ジャンクションボックスと、Free the ToneのARC-3、ARC-53M、PT-1D、PT-3Dが置かれています。

音や操作感が気に入れば、シグネチャーモデルも投入する、その姿勢にプロフェッショナルを感じました。かなりの大型ですが、多くの良い音が出そうな素晴らしいボードです。

大山 純さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

29日

ストレイテナー、ホリエアツシさんのペダルボードです!


ストレイテナーのホリエアツシさんから、ペダルボードの写真が届きました!

怒涛のJHS 808が3台、そしてSuper Boltが2台、Honey Comb Dual Speed Tremが1台。さらにEarthQuaker Devices Dispatch MasterWren and Cuff Creations WHite ELK FUZZをご使用いただいています。

他にPitchblack、Free the Tone Final Booster、ARC-3、ARC-53M、ジャンクションボックス、PT-3D、Ibanez CS9、BOSS DD-3、DD-6が設置され、大型のボードを構成しています。

同系統のエフェクターをセッティングを変えて設置されていることが多く、それだけ音に高いこだわりをお持ちであることがよく分かります。

ホリエアツシさん、ありがとうございました!

ホリエアツシさんの機材


続きを読む

2015年

1月

28日

KNOCK OUT MONKEYの亜太さんからペダルボードの写真をいただきました!


KNOCK OUT MONKEYのベーシスト、亜太さんからペダルボードの写真をいただきました!


One Control Crocodile Tail Loop OC10、そしてHooker's Green Bass Machineをお使いいただいています!

他にジャンクションボックスとPitchblack、BOSSのヴォリュームペダル、CS-3、FS-5U、MO-2、CEB-3、PH-3、ディレイペダル、TECH21 Sansamp Programmable Bass Driver DIが並び、電源はCAJのAC/DC Station2と3の2台体制で使用されています。

多彩な音が飛び出してくる、とても機能的なペダルボードです。

亜太さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

27日

Dr.Kのテレキャスターに、Mastery Bridgeが搭載されました!


日本を代表する、世界的なテレキャスター使い、Dr.Kこと徳武 弘文さんのテレキャスターに、マスタリーブリッジのテレキャスター用タイプ、Mastery M4が付けられるようになりました!

B-Benderを使用しない楽曲で活躍します!


「3連のとはまた違うイントネーションですがテンションも良くなりました。チューニングも改善されました。気に入りました。」

と、テレキャスターマスターからの一言。

続きを読む

2015年

1月

25日

One Control Strawberry Red Overdriveの新動画!

続きを読む

2015年

1月

24日

大人気ノイズペダル!MASF Pedals thornoscillator再入荷!


今や世界に名を知られる個性派ペダルブランド、MASF Pedalsの人気発振ファズが再入荷しました!

続きを読む

2015年

1月

22日

Anodized Brown Distortionの新しいデモ動画が出来ました!

続きを読む

2015年

1月

21日

Jake CloudchairさんがOne Control公式エンドーサーになりました!Purple HumperとPersian Green Screamerを使用中です!

いつもいろいろな動画を制作していただいているJake Cloudchairさん。様々なペダルに触れる機会をお持ちですが、実際にOne Controlのペダルをお使いいただいています。

特に気に入って使っていただいているのが、Purple HumperPersian Green Screamer。特にPGSは2台、それぞれモードを変えてお使いいただいています。

Jake Cloudchair (ジェイク・クラウドチェア)

臨機応変のスタイルと技術を持ち、トーンを探究するギタリスト。

1996年Guniw Toolsのメンバーとしてプロデビュー。2003年ソロプロジェクトcloudchairを始動。

ギタリスト・作曲家として様々なアーティストのライブやレコーディングに参加:櫻井敦司(Buck-Tick)、清春、hitomi、T.M.Revolution等。

音楽のみならずウェブデザインや映像制作等も手がけるクリエイターとして活動中。特に楽器デモ演奏は国際的に高い評価を受けている。

A Japanese guitar player. Jake has versatile styles and techniques and pursue the awesome tone.

Started his pro musician's career as a member of "Guniw Tools" in 1996. Then began his solo project "cloudchair" in 2003.

Working as a guitarist / composer for live performances and recordings with famous Japanese artists: Atsushi Sakurai(Buck-Tick), Kiyoharu, hitomi, T.M.Revolution and more.

He is also doing web design and movie creation. Especially guitar demo movies are highly evaluated internationally.

http://www.cloudchair.net/

Jakeさん、いつもありがとうございます!

続きを読む

2015年

1月

20日

NAMM SHOWまもなく開幕!One ControlにMad Professorも新作発表!

22日より始まるNAMM SHOWの開催が迫ってきました!

One Controlに続き、Mad Professorも新作を発表しています!

続きを読む

2015年

1月

16日

枯れたヴィンテージゲルマニウムトーン!Buffalo fx Stiletto Fuzz即納可能!


極上のヴィンテージトーンを作る高品質ペダルで人気のBuffalo fxより、ヴィンテージローゲインファズ~ブーストサウンドを作る逸品が入荷しました!

続きを読む

2015年

1月

15日

NCIS、村松さんのアコギ用モニターに、Lunchbox、Granith Grey Boosterが使われています!


Nothing's Carved In Stoneの村松 拓さんから、ペダルボードの写真に続き、アコースティックギターのモニタ用システムの写真をいただきました!


Orange Thunderverb 200ヘッドの上に載せられた、Zt Amp LunchboxLunchbox Cabinetが、そのモニターに使用されているランチボックスです。


さらにGranith Grey Boosterも使用中!

高い音圧の中、繊細なアコギの音を埋もれさせず、その音色をしっかりと出力できるため、このセットを使用しているそうです。

モニター用としてはもちろん、小さなステージなどではメインアンプとしても使えるZt Amp Lunchbox、そして入力した音を素直に出力するGranith Grey Booster

是非ご参考に!

村松 拓さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

14日

COUNTRY YARD 速人さんの最新ペダルボード!そしてPurple Humperのコメントをいただきました!


COUNTRY YARD速人さんから、最新ボードの写真が届きました。

OC10を基幹としたシステムのボードです。Granith Grey BoosterAnodized Brown DistortionStrawberry Red Over DrivePurple HumperSubdecay Starlight Quantum Flanger、L's TRUSTのオーバードライブサンプル、Strymon TimeLine、Line6のToneCoreシリーズのペダル、KORG Pitchblackが置かれています。電源はDistroです。

先日ライブに自分達のアンプを持っていけない日がありまして、店のJCを使って本番を終えたのですが、そこでPurple Humperが大活躍しました!

JCの無機質な音色がPHによってすごく音楽的になり張り、艶がアップして、いつものAC30と遜色ない音色になりました!

本当に心強かったです。

と、Purple Humperへのコメントもいただきました。

いわゆる“JC対策”のペダルとしても、Purple Humperはとても有効ですので、是非お試しください!

速人さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

13日

One Control、NAMM SHOWに出ます!

今月22日から開催される、The NAMM Show 2015に、One Controlも出展します!

それに先駆け、開発中の新製品を2つ、発表させていただきます。

  • Baltic Blue Fuzz

BJFデザインの新作ファズを開発しています!BJFファン、そして全てのギタリストが待望のファズになりそうです!

  • Basilisk

最強のMIDIコントローラーを開発中です!

・5つのMIDIプログラムチェンジナンバー(PC)と5つのMIDIコントロールチェンジナンバー(CC)を同時に送信可能

・送信するプログラムチェンジナンバーとコントロールチェンジナンバーは個別にMIDIチャンネル設定可能

・最大128までのプリセットを保存(64バンク)

・同バンク内のプリセット呼び出しはフットスイッチ1発

・プログラム・チェンジナンバーは0~199までに対応し、最大200までのプリセットにアクセス可能

・実際に使用するバンク数の上限を設定可能

・楽曲で使用するバンクのSTARTとENDを設定可能

・各フットスイッチにプリセットを直接割り当てるFlash Accessモード搭載

・2つのMIDI OUTを搭載し、同時に信号を出力

・MIDI INを搭載し、外部MIDIコントローラーからプログラムチェンジナンバーによるリモートアクセス可能

・リモートアクセスは個別のMIDIチャンネル、またはOMNIモードに設定可能

・リモートアクセス機能により、MIDI容量の拡張にも最適

・ステージ上での誤動作を防止するLOCKモード搭載

・スタンダードなセンターマイナス2.1mm DC9Vアダプターで駆動

・2つのDC OUTを搭載し、外部エフェクターにも電源供給可能

※開発中のため、仕様は変更となる場合がございます。

 

どうぞお楽しみに!


続きを読む

2015年

1月

12日

ステージに特化する実践的ミニサイズチューナー!


ステージやペダルボードに最適なミニサイズのチューナーです!


VALETONは中国のペダルブランドで、他にも超小型筐体のSkyline Seriesで有名な、あのHotoneが設立した新ブランド!低価格ながらクオリティも高いです!


続きを読む

2015年

1月

10日

ひなっちこと日向さんのNCISペダルボードです!


2015年のNCISペダルボード、トリはひなっちこと日向さんです!

Nothing's Carved In Stoneで日向 秀和さんが使用するペダルボードの写真をいただきました。

Free the Tone JB41ジャンクションボックスを使用し、ARC-3とAC-53Mで制御する大型ペダルボードです。Free the Tone Bass Booster、そして驚異のDarkglass Electronics Microtubes b7kを2台、Subdecay Prometheus DLX、Digitech Bass Whammy、Free the Tone Flight Time、Subdecay ProteusCopilot Fx Orbit、EBS DynaVerb、MXR Bass d.i.+、3leaf audio Proton、そしてロシアンマフを元にしたMojo Hand FX Colossus Fuzzも加わりました!チューナーはKORG DT-10です。

 

ペダルボードを這う配線が綺麗にまとめられているのも大切なポイントです。ケーブルはできるだけこのように直線的に配置することでグラウンドループを最小限にすることができます。日向さんのプレイを最大限に発揮するため、このような小さな対策の積み重ねが必要です。

日向 秀和さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

09日

NCIS、村松さんからペダルボードの写真をいただきました!

続きを読む

2015年

1月

08日

NCIS、生形さんの最新ペダルボード!


Nothing's Carved In Stoneの生形 真一さんから、最新のペダルボード写真が届きました!

Free the Tone ARC-3を核としたペダルボードです。Free the ToneのジャンクションボックスからZ.Vex Fuzz Factory、Free the Tone RED JASPER OVERDRIVE、Bearfoot Pale Green Compressor、Wren and Cuff YourFace Knob、Subdecay Proteus Vintage Black、Subdecay Baby Quasar、Catalinbread Montavillian Echo、Xotic Bb Preamp、Human Gear ANIMATO FORTE,

t.c.electronic Alter Ego X4、t.c.electronic Flashback X4、Digitech Whammy 5、BOSS FV-500、KORG DT-10、BOSS DB-12が2台のセッティングです。

ディレイが大きく変わりましたね。デジタルディレイを使っての華やかなプレイはt.c.electronicですが、アナログディレイのサウンドは実はMontavillian Echoをご使用いただいています。

是非ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

生形 真一さん、ありがとうございました!

続きを読む

2015年

1月

07日

JRC4558!2バンドEQ!進化したミニサイズTSペダル!


新しく取扱の始まったVALETONのオーバードライブです!


VALETONは中国のペダルブランドで、他にも超小型筐体のSkyline Seriesで有名な、あのHotoneが設立した新ブランド!低価格ながらクオリティも高いです!

続きを読む

2015年

1月

06日

ヴィンテージRATを現代的に調整したミニペダル!「VALETON DARKTALE」!


新しいブランドの取り扱いが始まりました。


VALETONという中国のペダルブランドで、他にも超小型筐体のSkyline Seriesで有名なブランドによる、新ブランドです。

続きを読む

2015年

1月

05日

新年一発目!One Control Persian Green Screamerの新しい動画ができました!

続きを読む

2015年

1月

05日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

3ヶ日も明け、本日より仕事始めとなります。長らくお休みをいただき、ありがとうございました。

続きを読む