2014年

7月

28日

楽器の生音を忠実に出力できるFire-Eye Red-Eye Instrument Preamplifier!

楽器の音を電気的に細部まで表現する、特にピエゾピックアップを使うアコースティック楽器でそれは大変難しいものです。

Fire-Eye Development, Inc.のRed-Eye Instrument Preamplifierは、ミュージシャンによってミュージシャンのために設計されたシンプルで効果的なダイレクトコネクトツールです。

Austin Symphonyのヴァイオリニスト、Leahは地元のバンドでミュージッククラブのサウンドシステムとヴァイオリンが上手く機能しないと悩んでいました。どこのクラブでも、どのDIを使ってもLeahの出す美しいヴァイオリンのトーンを出力することができませんでした。

続きを読む

2014年

7月

27日

[Alexandros]の川上 洋平さんと白井 眞輝さんがOne Controlを試されました!

続きを読む

2014年

7月

26日

今、世界が求めるファズペダルとは?Big Ear nyc LOAF!

ニューヨークから世界へ、新しいブランドの取扱を始めました!

Big Ear nycは、ニューヨークシティの中でも特に人口の多いブルックリン区からハンドメイドエフェクターを発信します。

その音色と共に少しずつ知られるようになり、今では全米から全世界へ、その勢いはとどまることを知りません。

中でも有名なLOAFは60s/70sファズからインスピレーションを得て開発された、全く新しいファズボックスです。

ヴィンテージの香りを持ちながら、ヴィンテージとは全く違うファズサウンドを作ります。

続きを読む

2014年

7月

24日

キュウソネコカミのカワクボ タクロウさんのペダルボードです!

全国ワンマンツアー、『DMCC -REAL ONEMAN TOUR-~ドサマワリチューチュー~』もファイナルが近づき、快進撃を続けるキュウソネコカミのベーシスト、カワクボ タクロウさんからペダルボードの写真をいただきました!

ワイヤレス・システム、Shure GLXD6からのインプットはKORG DT-10を通り、BOSS GEB-7、Aguilar TLC Compressor、MXR Bass Fuzz Deluxe、Electro-Harmonix Micro Q-Tronからアンプへとつながります。

ベーシストらしくシンプルながら多彩な音色を作ることができそうですね。ワイヤレスを使われているのも、ライブバンドならでは。そして専用電源のShureワイヤレスを除き、エフェクターの電源にはOne Control Distroを使われています。

カワクボ タクロウさん、ありがとうございました!

続きを読む

2014年

7月

22日

ヴィンテージFY-2のサウンドを再現!Unpleasant Companion MKII!

Fredric Effectsから、Shin-Ei FY-2の音色を再現したペダルが入荷!

"Unpleasant Companion"、不快なコンパニオンという名前は、FY-2特有のファズサウンドと、かつてShin-EiがCompanionという名義でエフェクターを発売していたことを掛けた、洒落の効いた名前です。

続きを読む

2014年

7月

17日

いまみちともたかさんが、One Control Anodized Brown DistortionとRed Strawberry Over Driveを使用中です!

いまみちともたかさんが、One Control Anodized Brown DistortionRed Strawberry Over Driveを使用中です!

2014/7/10 The Guitar Crusaders Vol2のステージで使われたエフェクトです!

その時の様子がこちらです。

続きを読む

2014年

7月

17日

Iguana Tail Loop2 2014、夏、ホラーバージョン!

超小型、5ループトゥルーバイパススイッチャー、Iguana Tail Loop2の2014年夏限定バージョンが完成しました!

今夏限定!ホラーバージョンです!

続きを読む

2014年

7月

16日

Klon Centaurを電気的に100%再現したFredric Effects Zombie Klone!

UK期待の新星!Fredric Effectsから、あのケンタウロスクローンがついに入荷!

Fredric Effects Zombie Kloneは、世界中で人気の有名な高級オーバードライブを元に作らえたペダルです。

Kloneと呼ばれるペダルは多くありますが、中でも特に上質でコンパクトなのがこのZombie Kloneです。

電気的には100%正確なクローンであり、オリジナルモデル同様のチャージポンプ回路やオリジナルと全く同じバッファーを搭載しています。

Zombie KloneのアートワークはStacey Hineによるカスタムで、プロフェッショナルなスクリーンプリントを、パワーコートを施した筐体に載せています。

電源は、DC9Vセンターマイナスアダプター(One Control EPA-2000を推奨)または9V電池駆動に対応しています。

 

続きを読む

2014年

7月

15日

マニアックなファズサウンドをよみがえらせる!Ghost Effects!

Ghost Effectsは、英国バーミンガムでヴィンテージファズペダルにこだわりを持ち、全てハンドメイドで多くのペダルを制作しています。

ビルダーのIan Sherwenは、2004年にこのブランドを立ち上げて以来、その丁寧な組み込み、コンポーネンツの選定、再現性の高いサウンドで英国のみならず世界で高い評価を得ています。

続きを読む

2014年

7月

14日

安野勇太さんの最新ペダルボードです!

まもなくニューアルバムWhere The Light Remainsが発売されるHawaiian6The Yasuno N°5 Groupで活動される安野勇太さんの最新ペダルボードがこちらです!

ペダルボード裏にPedal Board Juction Boxがセットしてあり、たくさんのペダルが並んでいます。

ペダルボード左側にはt.c.electronic Polytune、Catalinbread ベルエポツクMr.Black EternaOne Control Granith Grey BoosterMad Professor Sweet Honey OverdriveArea51 Vintage Itallian Wah Standard、中央にLine6 M9があり、そこからエクスプレッションペダルが接続されています。右側にはMooer Pitch BoxWMD The Utility Parametric EQEQD Organizer、Ernie Ballのヴォリュームペダル、DMB Lunar EchoOne Control Anodized Brown Distortion、そしてペダルの制御にはOne Control OC10、電源は2台のDistroです。

マジックテープもOne Controlですね。

マジックテープを張り替えまして、ここから諸々マイナーチェンジなどはありそうですが、一応完成になりました!ページ数が増えてまだ慣れなくて悪戦苦闘してますが素晴らしいボードになったと思います!

というコメントもいただきました!

安野勇太さん、ありがとうございました!

続きを読む

2014年

7月

12日

様々なペダルに变化!Neunaber Audio Effects Slate!

たくさんお問い合わせを頂いておりました、Neunaber Audio Effectsのニューモデル、Slateが取扱開始です!

続きを読む

2014年

7月

11日

Guitar Magaznie 8月号にOne Controlが掲載されました!

本日発売のGuitar Magazine 8月号に、One Controlが掲載されています!

続きを読む

2014年

7月

10日

BORISからペダルボードの写真をいただきました!

 

世界で活躍するスリーピースバンド、BORISのTakeshiさんとWataさんのペダルボードの写真をいただきました!

まずはTakeshiさんのペダルボードです!

 

続きを読む

2014年

7月

08日

甦ったACE TONE FM-2!Wren and Cuff Creations Ace Octave Fuzzの動画が出来ました!

レナンドカフが伝説のジャパンヴィンテージファズ、ACE TONE FM-2を甦らせたWren and Cuff Creations Ace Octave Fuzzの動画ができました!

続きを読む

2014年

7月

07日

Dr.Kこと徳武 弘文さんから、GranitDr.Kこと徳武 弘文さんによる、Granith Grey BoosterとAnodized Brown Distortionのプレイ動画です!

続きを読む

2014年

7月

06日

世界のトップベーシストが使用!OnkartGromt Grombass!

世界で話題のベースドライバーが入荷しています!

OnkartGromt Grombassは、ベーシストが求めるワイドレンジサウンドのディストーション/ドライブペダルです。軽いブーストから、シンセライクなディストーションまで、常にローエンドを堅持しながら歪みを作ります。

続きを読む

2014年

7月

05日

もはやなんでもできる万能機!JOEMEEK gbQ!

超弩級の機能を持つペダル!

JOEMEEK gbQの“gb”は、“Guitar and Bass”を意味していますが、同時に“Great British”でもあります。

このペダルは、他のJoe Meek機器同様、高名なAllan Bradfordによるオリジナルペダルで、UK デボンシャーで開発されています。

Allan Bradfordは、1970年頃、まだ子供だった頃からアナログシンセサイザーを組んでいました。また、ギターのアンプやエフェクターの制作も行い、Allan自身や周囲のプレイヤーもバンドで使用していました。

gbQは、Allanの持つ古いアイディアが甦ったペダルなのです。

続きを読む

2014年

7月

04日

THE NOVEMBERSのHirofumi Takamatsuさんから、ペダルレビューをいただきました!

5/14にニューシングル「今日も生きたね」を発売、7/11にはTOUR – The World Will Listen -ファイナルを迎えるTHE NOVEMBERSのベーシスト、Hirofumi Takamatsuさんから、ペダルのレビューをいただきました!

続きを読む

2014年

7月

03日

the HIATUSライブでのmasasucksさんの最新機材セッティングです!

先日6月25日、the HIATUSのKeeper Of The Flame Tour 2014で盛岡に来られたthe HIATUSのライブで使われた、masasucks (the HIATUS / FULLSCRATCH) さんの機材をお見せします!

続きを読む

2014年

7月

02日

RSOD/SRODとABDのサンプルムービー from China!

One Controlは日本だけでなく世界で人気です!

中国随一の動画レビューサイト、TONEBUSからRed Strawberry Over DriveAnodized Brown Distortionのサンプルムービーが作られました!

続きを読む

2014年

7月

01日

Toddyこと戸高賢史さんに、One Control Red Strawberry Over Driveの感想をいただきました!

Art-SchoolRopesをはじめ、様々な活躍をされる戸高賢史さん。当店人気のPhantom Fxのビルダーとしても有名な戸高さんから、One Control Red Strawberry Over Driveについてコメントをいただきました!

続きを読む