2014年

4月

30日

とてもセンスの良い新ブランド、Rock Stock Pedals!

新しいエフェクターブランドの取扱を始めました!

2014年1月、新たに設立されたRock Stockのギターペダルは、シンプルかつ効果的であるべきだという哲学に基いて作られています。

Rock Stockの目標は、音色の根幹をなすペダルを作ることです。全てのペダルはRock Stockで設計され、インディアナ州コロンブスでハンドビルトされています。

続きを読む

2014年

4月

29日

今一番の分離感!Catalinbread Karma Suture入荷しました!

Catalinbreadから、新しい歪みペダルが入荷しました!

続きを読む

2014年

4月

28日

レナンドカフの趣味が詰まったハイゲインディストーション!Hangman 2D!

ビルダーの個性と高いこだわり。Wren and Cuff Creationsから、新しいハイゲインディストーションが入荷しました!

BOS HM-2は1983年に発売されたハイゲインディストーションペダルです。マーシャルサウンドを作ることが出来るコンパクトペダルとして発売されていましたが、後継機種のMT-2が発売され、1991年にその生産が完了しました。

BOSS HM-2は、当時のBOSSが誇るハイゲインディストーションとして人気を博していたものの、そのゴリゴリとした"buzz-saw"なサウンドが多くのプレイヤーにとって好評とは言えず、HM-2からMT-2へのモデルチェンジは、一般的に歓迎を持って迎えられ、HM-2を惜しむ声はそれほど多くはありませんでした。

しかし、多数はではありませんが、BOSS HM-2を信奉するプレイヤーもいます。そういったプレイヤーは、HM-2の生産完了を悲しみ、残念に思いました。

続きを読む

2014年

4月

27日

ユニヴァイブを極限まで再現したと言われるペダル!Sweet Sound Ultra Vibe II

伝説のペダルが、遂に取扱い開始!

Sweet Soundは、ボブ・スウィートの音楽への想いと、サウンドクオリティへの高いこだわりから生まれました。

アメリカ、ミシガン州デトロイトの郊外にある小さな町で、Sweet Soundは始まりました。まだ少年だったボブはギターに魅せられ、新しい世界に飛び込もうとしていたのです。

70年代中頃になると、ボブ・スウィートはその地域で最も耳の良い、優れたギタリストとして知られるようになります。“正しい音”を追求するあまり、ボブ・スウィートは自分のエフェクトペダルを作るようになりました。

90年代には、Sweet SoundのMojo VibeやUltra Vibeは最高のヴァイブペダルであると評判になり、世界中からリスペクトを集めるペダルメーカーの1つとなりました。Sweet Soundは今でも地域で、全米で、そして全世界で知られるエフェクターブランドです。

2007年、ボブ・スウィートはガンだと診断され、8ヶ月の闘病の後、亡くなりました。しかし、彼を惜しんだ多くのエフェクターブランドの協力により、Sweet Soundは復活を遂げたのです。

スウィートのファミリーはSweet Soundの継続に力を注ぎ、Sweet Soundの優れた技術、品質、そして音へのこだわり、音楽を愛する心は今も変わらず続いています。

・Special Thanks To

ジョージ(Pedalworx):彼の知識と友情に。

リチャード(ステンドグラスアーティスト):Sweet Soundを世界に広める役割を果たしてくれました。

マイク(Analog.Man)、テディ(Musictoyz)、デイヴ(Dave's Woodstock Music)、ゲイリー(Amp shop)、コリー(PrymaxeVintage)、そしてダレン・ジョハンソンの美しいSwirlペイントに。

Sweet Soundは、全ての販売店に感謝します。

そして何よりも、Sweet Soundを手にとって下さったプレイヤーに、感謝の意を表します。

・Sweet Sound Pedal Uses

Brad Whitford (Aerosmith)

Lenny Kravitz

Jim Weider

Josh Smith

Ty Tabor (King's X)

Steve Stevens

Charlie Sexton ( Producer, guitarist with Bob Dylan, Arc Angels)

Jesse Gress (Todd Rundgren's band)

Jared Scharff

Andy Aledort (Experience Hendrix Tour)

Jon Carin / Dave Kilminster (Roger Waters "Dark Side of the Moon" Tour 2006)

Philip Sayce

Galo Rivera

Tre Sheppard (100 Hours)

Bill Hullett

Dave Malone (The Radiators)

James Pennebaker (Leroy Parnel, Big & Rich)

Kirk Fletcher (The Fabulous Thunderbirds)

Glenn Pierce

Lance Keltner (Guitarist with Simranking and Rod Stewart)

Michael Katon

Gwyn Ashton

Audley Freed (The Black Crowes and Jimmy Page and the Black Crowes)

Marc Ford (Black Crowes)

Brad Fernquist (Michelle Branch, Fastball, New Radicals, Danielle Brisebois, Hillary Duff, Lisa Marie Presley, The GooGoo Dolls)

Matt Scannell (Vertical Horizon)

Greg Jennings (Restless Heart)

Reverend David Lee (River City Rockets)

Barry Richman

Clay Hullett (Hullett Amplifiers)

Jeff Morris (Cadillac Hitmen)

Lee Michael Wertman

Reggie Young

Wally Farkus

続きを読む

2014年

4月

26日

これは凄い!驚異的に扱いやすいヴィンテージワウ!

新しく取扱の始まった、Esterly Electronicsのワウペダルが凄いです!

Esterly Electronicsは、2001年からエフェクターの制作やモディファイを中心に行うブランドとして活動しています。ワウペダルのトゥルーバイパスモディファイから、様々なカスタムオーダーにお応えするヘヴィなモディファイまで、様々なペダルを制作してきました。

10年以上のキャリアを持つEsterly Electronicsは、世界のプレイヤーから高い評価をいただいています。

続きを読む

2014年

4月

25日

伝説のスプリングリバーブユニットを再現!Catalinbread Topanga

Catalinbreadから新製品が入荷いたしました!

続きを読む

2014年

4月

24日

チューニングを安定させるには?String Stretchaです!

今話題の便利アイテム!弦張り後のチューニングをあっという間に安定させる、String Stretchaが再入荷しました!

チューニングにまつわる問題の原因は、多くの場合ギター本体でもなければ、プレイヤーの耳が悪いせいでもありません。

適切に弦が伸ばされていない。伸ばしきれていない、それがチューニングが狂ってしまう最大の要因です。

経験のあるギタリストであれば、新しい弦を張った直後は何度もチョーキングをしたり、弦を引っ張ったりして弦を伸ばしたりするでしょう。しかし、それは余計に、弦に不均一な伸縮が発生してしまうのです。まともに指で弦を伸ばそうとすれば45分以上は伸ばし続ける必要があるでしょう。それでは指を痛めてしまいますし、無駄な時間を費やすことになります。

STRETCHAのString Stretchaを使えば、そんな無駄な時間をかけて痛い思いをする必要はありません。String Stretchaを使い、各弦をスライドするだけで弦を均一にに伸ばし、チューニングの狂いを最小限に抑え、最良の状態でギターを弾くことができます。かかる時間はたった5分程度。ただ楽なだけでなく、弦を均一に伸ばすことで正確かつ一貫して弦が振動するので、ギターそのものの音色も良くなります。

 

続きを読む

2014年

4月

23日

Devi Ever Fxが新体制になり、第1段が入荷しました!

すでにご存知の方もおられると思いますが、昨年末、Devi Ever Fxはその体制を一新しました。

Devi Ever Fxは、2013年12月、Dwarfcraft Devicesが所有権、経営権を受け継ぎました。

Devi Everはアート、音楽、ライティングを始め、ビデオゲームの制作など、ありとあらゆる創作を愛し、そちらに時間を使いたがっていました。

Devi Everの友人であり、Devi Everのペダルが無くなることを惜しんだDwarfcraft Devicesは、Devi Ever Fxのブランドを買い取ることとなりました。

Devi EverとDwarfcraft Devicesは、ブランドの売却について詳細な議論を重ね、契約の締結に至りました。

Dwarfcraft Devicesは、Devi Everが制作した素晴らしいファズを維持し、その上で改善をしていくことこそ、今後のDevi Ever Fxに必要なことだと考えています。

独創的なファズペダルを数多く制作し、同時に安定した高い品質を維持しながら改良を続けるDwarfcraft Devicesは、かつて一部のDevi Ever Fxペダルを制作していたこともあります。

長年に渡りDevi Everの友人でもあるDwarfcraft Devicesは、Devi Ever Fxの回路と歴史をよく知っています。

“Devi Ever Fxのユーモアとスタイルとビジョンを理解し、売却に値するブランドが他にあったとは思えない。”

“Dwarfcraft Devicesが手を挙げなかったら、本当に廃業していたと思う。”

と、Devi Everは述べています。

新生Devi Ever Fxにご期待ください。

新生Devi Ever、第1段入荷はShoe GazerHyperion

実際に音を出して率直に思いましたが、はっきり言ってエフェクトとして、音のクオリティが高くなっています。Devi Everペダルが本来求めていた音により近づいていると感じました。

続きを読む

2014年

4月

22日

JHS Pedals待望の再入荷!贅沢な歪みの使い方をしてみました。

大変お待たせいたしました!多数売り切れてしまっておりました、JHS Pedalsが待望の再入荷です!

JHS Pedalsは、国内はもとより、全世界で人気が急上昇。あまりにも売れすぎて、本国での生産が全く追いつかず、今回の再入荷も遅くなってしまいました。

続きを読む

2014年

4月

19日

エフェクター専用設計!One Cotrol Noiseless DC Cableのパッケージを一新しました!

お待たせしておりましたエフェクター用のDCケーブル、One Cotrol Noiseless DC Cableが久しぶりに再入荷!全モデルそろっています!

続きを読む

2014年

4月

18日

レンジマスターをもっと使いやすく!BYOC Germanium Boost Kit!

BYOCの人気エフェクター自作キットの新製品、Germanium Boost Kitです

続きを読む

2014年

4月

17日

徳武 弘文さんからサブで使われるエフェクトボードの写真をいただきました!

日本を代表するギタープレイヤー、Dr.Kこと徳武 弘文さんから、今月の26~27日に行われる川村ゆうこさんのステージや、細野晴臣さんのコンサートなどに使われる予定のエフェクトボードの写真をいただきました!

組み上げられたばかりの最新のボードです!

おなじみ、3ピックアップ仕様のご自身のシグネチャーモデル(ピックアップやBベンダーなどカスタムされています。)に、使い込まれたツイードアンプが美しいです。

続きを読む

2014年

4月

15日

まさにバーサタイル!Mojo Hand Fx Rook Overdriveの新デザイン!

Mojo Handの使いやすいオーバードライブペダル、Rook Overdriveが新デザインで入荷しました!

続きを読む

2014年

4月

14日

Electro-Faustus新製品、EF106とEF108!

ノイズ系を中心に個性派ペダルを扱うElectro-Faustusの新製品が入荷しています!

続きを読む

2014年

4月

12日

[Mojo Hand][Iron Bell]ピンクフロイド全開!Mojoi Hand Fx Iron Bell、新デザイン!

Mojo Handの人気ファズペダル、デヴィッド・ギルモアのトーンを再現したIron Bellが、新デザインとなりました!

続きを読む

2014年

4月

10日

Mojo Handニューモデル!DMBLとRook Royale!

Mojo Hand Fxから、新製品が入荷いたしました!

続きを読む

2014年

4月

08日

新品弦をあっという間に安定させる、話題のString Stretcha入荷しました!

新しく張った弦を伸ばし、安定させることでチューニングの精度を高めるツール、String Stretcha

続きを読む

2014年

4月

07日

戸川 琢磨さんから、Henretta Engineering Bluebird Fuzzのレビューをいただきました!

今年1月にCOMEBACK MY DAUGHTERSを脱退され、現在はThe Yasuno N°5 Groupでのセッションプレイヤーや、Gotchのサポートを務めるベーシスト、戸川琢磨(TYN5G / ex:COMEBACK MY DAUGHTERS)さんから、ノブのない個性派ファズ、Henretta Engineering Bluebird Fuzzのレビューをいただきました!

Bluebird Fuzzは、太く暖かいファズペダルで、ギターサウンドに長いサステインと豊かなハーモニクスを加えることができます。さらに、Bluebird Fuzzはギターのヴォリュームコントロールへのレスポンスが高く、簡単に幅広いゲインの調整をすることができます。

5.0cm×5.0cmの非常に小さな筐体で、ペダルボードにも簡単に納めることができます。

フットスイッチを踏めば、ペダルのON/OFF切替ができます。ON時にはLEDインジケーターが輝きます。OFF時に回路は完全に信号から除去されます(トゥルーバイパス)。

Bluebird Fuzzには、内部にトリマを搭載しています。このトリマは、出力音量を調整するものです。ヘッドルームが十分に確保されているので、アンプをプッシュして使うこともできます。通常、音量を高く設定すれば分厚いファズサウンドが得られ、低く設定すれば鋭い60sスタイルのファズサウンドとなります。ファクトリーセッティングでは、フルアップにしたギターで使った際、ユニティゲインとなるよう設定されていますが、お使いの機材により音量が変わる場合がありますので、環境に合わせてセッティングしてください。

Volumeトリマは、ロットによって大きいタイプと小さいタイプがあります。音色に違いはありませんが、小さいタイプのトリマは反時計回りで音量が大きくなり、大きいタイプのトリマは時計回りで音量が大きくなります。

戸川さんのレビュー

続きを読む

2014年

4月

06日

Mastery Bridgeの新製品、Offset Mastery VibratoをWarpaintが使用中!

Mastery Bridgeの新製品、Offset Mastery Vibratoを、あのWarpaintのギター・ヴォーカリスト、Emily Kokalが使用しています!

Warpaintといえば、ジョン・フルシアンテもファンを公言するアートロックバンドです。

フローティングトレモロをより完璧にする、それがOffset Mastery Vibratoなのです!

 

続きを読む

2014年

4月

04日

新ブランド、El Rey Effects取扱開始!

新しいエフェクターブランドの取扱が始まりました!

El Rey Effectsは、エフェクターを専門的に制作する小さな会社で、オハイオ州シンシナティにあります。社員は家族や友人ばかりですが、心をこめてクールでスペシャルな音をだすペダルを作っています。

El Rey Effectsはミュージシャンでエンジニアも務めるジミー・ニールセンによって設立されました。ユニークな製品を音楽界に持っていくために日夜開発に励んでいます。

各商品ページには動画もご用意いたしました!是非音を聞いてみてください!

続きを読む

2014年

4月

03日

石井卓さん(Jeepta)のペダルボード写真をいただきました!

Jeeptaのギター・ヴォーカルで、バンドが休止中の現在ソロでご活躍されている石井卓さんから、ペダルボードの写真が届きました!

One Control Chamaeleo Tail Loop MkIIを中心に組まれたボードです。ギターからのインプットがBOSS TU-2に入り、BYPASS時はそこからOS-2、そしてアンプ(TWIN)へ。OUTPUTからはWirlwndのSelector(ABボックス)へと接続されています。SelectorのBアウトからはTECH21 Sanasmp Classic、OC-3と接続されアンプ(B Amp)へと接続されます。

SelectorのAアウトからはChamaeleo Tail Loopに接続されています。そしてChamaeleo Tail Loopからのエフェクトは、モディファイされたBOSS BD-2、もう1台のBD-2(モディファイ)、ProCo Turebo RatBOSS RV-5が接続されています。Chamaeleo Tail Loopのアウトプットからはアンプ(G.Amp)へと接続されるようです。電源は左上にタップが、右上にCAJAC/DC Station Ver.2が置かれています。アダプターとサプライの距離を開けることでトランスノイズを避けた技ありのセッティングです。

アンプ3台を使い分ける、複雑なシステムをシンプルなボードで組み上げた、美しい機能性のボードですね。素晴らしいです。

ご本人と、現在石井卓さんのソロでドラムを担当されるジョン中村さんの写真もいただきました。

石井卓さん、本当にありがとうございました!

続きを読む

2014年

4月

02日

シンクロナイズドフローティングトレモロの弱点を克服!Mastery Bridge Offset Mastery Vibrato!

大ヒットを続けるブリッジメーカー、Mastery Bridgeから、JazzmasterやJguarなどに標準搭載されるフローティングトレモロを改良したヴィブラートが入荷しました!

特徴

トレモロアームを強固に固定

・アームの角度を自在に変えられるので付けたままでも違和感なくプレイング可能

・アームのテンションを調整可能

・こだわりの材により、堅牢で高精度さを実現

・弦のボールエンドが邪魔にならないストリングプレート

・引っ掛かりのないスムーズなアーミングを実現

続きを読む