2014年

3月

06日

Mad Professor、フランクフルトに向け、新作を発表!

続きを読む

2014年

3月

03日

FOUR GET ME A NOTS、石坪 泰知さんのペダルボード!

圧倒的なライブパフォーマンスで知られるFOUR GET ME A NOTSのベース/ヴォーカル、石坪 泰知さんからペダルボードの写真をいただきました!

ベーシストらしくシンプルに、そして音にも高いこだわりで作りこまれたボードです!

各ペダルを制御する、Chamaeleo Tail Loop MkII、そしてt.c.electronic Polytune、Granith Grey BoosterBlueberry Bass Overdrive、t.c.electronic Flashback Delay、Electric Blue Chorusを使われています。

Mad Professor、One Control、t.c.electronicの3つのブランドで固め、美しく仕上げられたペダルボードですね。

石坪 泰知さん、ありがとうございます!

 

続きを読む

2014年

2月

28日

Movall Audio、一番人気はこのペダル!

多彩でハイセンスなエフェクトを低価格に。話題のMovall Audioは好評発売中です!

全モデル人気なのですが、中でも特に人気なのが、Hornetというオーバードライブペダルです!

続きを読む

2014年

2月

28日

究極のフィルターペダルとは?Sonuus Wahooの可能性!Filter調整編!

非常に詳細に、様々な音を作り上げるSonuus Wahooレベルの調整に続き、音作りの根幹をなすフィルターの調整をご案内します。

WahoのFilterパラメータは、全てWahooの2つのフィルターごとに独立して設定することができます。

どちらのフィルターのパラメータを設定するかは、Filterボタンで切り替えることができます。

フィルターの選択、パラメータの調整、それらを組み合わせた設定など、柔軟に音作りを行えます。

続きを読む

2014年

2月

27日

デジマートで、Granith Grey Boosterが紹介されました!

話題の最新ブースター、One Control Granith Grey Boosterが、デジマートで紹介されました!

デジマートNew Gear Showcase

井戸沼尚也氏による詳しい試奏のレビューと、動画を見ることができます!

続きを読む

2014年

2月

26日

Mastery Bridge M1!

JazzMasterやJaguarをはじめとする名機には、独特のトレモロ機構、フローティングトレモロが搭載されています。

フローティングトレモロは、大雑把な言い方をすると、レスポール等のストップテイルピースを動かしてヴィブラート効果を得るような構造となっていて、ブリッジ部で弦が折れ曲がる角度がとても浅いこともあり、アーミング時に弦がブリッジサドルから落ちてしまうこともありました。

そこで作られたのが、このMastery Bridgeです。

続きを読む

2014年

2月

23日

究極のフィルターペダルとは?Sonuus Wahooの可能性!Level調整編!

圧巻の機能性、強力なサウンドを実現するSonuus Wahooプリセットの操作の次は、ついに音を調整していきましょう。まずは大切なレベルの調整です。

LevelパラメータはWahooのインプットとアウトプット、およびそれぞれのフィルタについての調整ができます。

Wahooのシグナルフローは以下のとおりです。

drive:Wahooは暖かな音色のアナログフィルターを搭載しています。

フィルターに入力される信号のレベルが高くなると、フィルターサウンドに歪みが加わり始め、倍音成分が強くなります。driveを下げればよりクリーンなサウンドとなりますが、下げすぎるとノイズが出る場合があります。

ノイズを低く、また暖かいサウンドのためにはある程度高く設定する必要があります。逆に高すぎると今度はファズのような音となるので、お手持ちの機材や環境に合わせて調整してください。

filt mix 1/2:このパラメータはフィルターミキサーを調整するものです。

Wahooの2つのフィルター、フィルター1とフィルター2のバランスを調整できます。

パラメータ値が0のときはフィルター1、100のときはフィルター2のみの出力となります。

dry/wet:このパラメータはWahooのインプットから入力される楽器の信号と、Wahooのエフェクトを通った音のバランスを調整するものです。

値が0(Dry)の時にはWahooの出力はバイパスされ、エフェクトはかかりません。100(Wet)の時にはWahooのフィルターエフェクトを通った音のみが出力されます。

お使いの楽器の特性をより強調したい場合に調整すると効果的です。例えばベースにおいて、エンヴェロープフィルターにドライシグナルをブレンドすると、音のアタックを残すことができます。

output (out):一般的に、アウトプットレベルはエフェクトバイパス時の音量と差がないように設定します。

アウトプットレベルをバイパス時よりも高くすると、シグナルがブーストされ、例えばチューブアンプをブーストしてオーバードライブを得たりすることが可能です。アウトプットレベルを高く設定すると、出力段で軽い飽和感のあるサウンドが得られます。この飽和感により、余計なクリッピングを気にしたり、プレイングが難しくなってしまうこともなく、大きな音でプレイすることができます。

output (thr):Wahooのプリセットには、レゾナントフィルター(次のセクションを参照)の設定によっては、インプットシグナルがなくてもノイズが出力されることがあるものがあります。そのノイズを無くしたい場合、このthrパラメータを設定し、音が出なくなる値を見つけてください。

このパラメータは、インプットレベルが設定したしきい値(Threshold)に達しない場合はフィルターのカットオフ周波数を低域に移動することで、ノイズゲートのような動作をしています。しかしいわゆるノイズゲートエフェクトとは違っているため、急激にインプットレベルが変化した際にはフィルタのスウィープが移動していることが分かります。なお、この設定で動作するカットオフ周波数のの動きについては、Noise gate attackパラメータ(27ページのカスタムパラメータの項目を参照)にて設定できます。

次回は、本格的なフィルター作りに入って行きましょう!

お楽しみに!

続きを読む

2014年

2月

19日

ファズへの既成概念を打ち破る!「3Leaf Audio You're Doom」!

3Leaf Audioより、新製品が入荷いたしました!3Leaf Audio You're Doomは、1台でいろいろなファズサウンドを出せるファズペダルです!

続きを読む

2014年

2月

18日

FRONTIER BACKYARDのKENZI MASUBUCHIさんがGranith Grey Boosterを使用中です!

どこまでもナチュラルに、そしてノイズレスに音を増幅する、One ControlのGranith Grey Boosterを、FRONTIER BACKYARDのKENZI MASUBUCHIさんが使用中です!

ご本人から写真とコメントをいただきました!

TONE MASTERでの歪みに、ソロの時に音を持ち上げる為に使用させて頂いています。

歪みの成分が変わらないまま全体的に持ち上がるのがとても良いと思います。

PAさんに持ち上げてもらう部分もあるのですが、これを使うと細かい、ワンフレーズのみだけとかを押し出すことができるので大変便利です。ライブで大活躍しています。

あと、One Controlの製品は、とにかくルックスがカッコいいです!

このアルミの削りだし感とかたまらないです!K」

KENZI MASUBUCHIさん、ありがとうございました!

続きを読む

2014年

2月

14日

One Control Distroの新色シャンパンゴールド!2/17発売決定!

多くのプロの足元でも活躍する人気のパワーサプライ、One Control Distroに、新色のシャンパンゴールドが加わります!

 

続きを読む

2014年

2月

13日

アヴリル・ラヴィーン日本公演のステージでも、One Controlが大活躍!

1月31日から2月8日にかけて、日本各地でAvril Lavigne Japan Tour 2014を行ったアヴリル・ラヴィーン。バックバンドとして日本を周り、またこれからもサポートを続けていくギタリスト、Dan Ellis(公式ツイッター)より、ペダルボードの写真をいただきました!

日本ツアーでアヴリルの楽曲を支えたいろいろな機材をご紹介します!

ペダルボードの手前で各エフェクトを制御しているのがOne Control Crocodile Tail Loop OC10です。OC10は今、日本だけでなくアメリカでも大変な人気で、生産が追いつかないほどです。

他のエフェクターは、BOSS DD-20やElectro-Harmonix POG2、MXR 10 Band EQ、MXR Carbon Copy Analog Delay、Fulltone OCD、BOSS TR-2、Strymon BlueSkyにOla Cohrus、Eventide TimeFactor、そしてクライベイビータイプのワウペダル、Ernie Ballのヴォリュームペダルが使われています。謎の"SUCK"と書かれたスイッチや、エレキ用とアコギ用に分けられたBOSSのチューナー(TU-2かTU-3)、ジャンクションボックスのような機材などが使われています。OC10からMIDIケーブルも伸びているので、Eventide他の機材をMIDIでコントロールしているようですね。

多岐にわたるジャンルを飛び越えた楽曲を歌うアヴリルならではの、非常に多機能なボードですね。

 

Dan Ellisの使ったギターは、FGNのBlack Beauty。ピックアップはSeymour Duncanの SH-1n/Alnico 2 Pro-SLASH、 '59/APH-2が載っているそうです。

写真の奥はキーボーディストでしょうか。複数のフットペダルやDAWの画面が写っています。

アンプはBad CatのHot Cat 30とOrange Rockerberbアンプ。他にDytone Smoozy ODを使用しているそうですが、どこにあるのか分かりません。キャビネットもOrangeの4発です。

アヴリルのバックバンドは、もう1人ギタリストがいて、またアヴリル本人もギターを弾くことがあり、非常に分厚いサウンドを奏でます。

そんな音を作るためのシステムの一部に、One Controlが使用されていることは大変光栄に思います。

 

続きを読む

2014年

2月

12日

One ControlオリジナルTシャツ発売!

One ControlのオリジナルTシャツが発売となりました!

S、M、Lの3サイズあります。ただ、全体的に小さめのサイズで作っていますので、バンドTやアメリカなどのサイズ感覚だと小さく感じるかもしれません。

ポール・スミスヴィヴィアン・ウエストウッドコム・デ・ギャルソンなどの、ぴったりとしたブランド系Tシャツを考えていただけるとサイズのイメージがしやすいと思います。

One ControlペダルのフットスイッチやLED、ノブなどをイメージしたドットプリントです。

続きを読む

2014年

2月

11日

One ControlオリジナルTシャツ完成!

One ControlのオリジナルTシャツが完成しました!

One Controlらしいデザインに仕上がりました。

 

まもなく発売いたします!しばらくお待ちください!

 

そして、人気のパワーサプライ、Distroにも新カラー、ゴールドが完成!

 

こちらもまもなく発売します!

シルバーと比べてみました。

One Controlは、これからもさらにいろいろな展開を予定しています!お楽しみに!

続きを読む

2014年

2月

10日

3つのエッジがそれぞれ違ったシェイプのGravity Picks Tripp!

クリアなアタックと抜けのあるサウンドで人気のGravity Guitar Picksより、革新的な新ピックが入荷しました!

続きを読む

2014年

2月

09日

Bearfoot Guitar EffectsのCandy Apple Fuzzに2つのバリエーションモデルが入荷!

BJFeペダルを再現し、人気のBearfoot Guitar Effectsから、2種類の新しいファズペダルが入荷いたしました!

続きを読む

2014年

2月

08日

究極のフィルターペダルとは?Sonuus Wahooの可能性!プリセット制作編!

圧巻の機能性、強力なサウンドを実現するSonuus Wahoo基本操作の次は、プリセットの操作についてご案内します。基本操作編も合わせて御覧ください。

続きを読む

2014年

2月

06日

超大型!驚異のペダルボード!

類を見ない超大型ペダルボード!One ControlのPedal Board 1260が再入荷しました!

・大切な機材を安全に運ぶことができること。

・ステージやツアーなど、使用の際に余計な気を遣う必要がないこと。

・素早いセッティング、快適な搬送が行えること。

これらの条件を元に、完成したのがOne Control Pedal Board 1260です。

ボードの内寸は出来る限り大きく、かつ搬入や搬出ができるサイズの、1200mm × 600mm × 100mm。

ケースの蓋には堅牢な6mm厚のFRPを用い、内部に20mmのウレタンクッションを敷き詰め、機材をしっかりとガードします。

ボード面はFRPとし、素早いセッティングのため、両サイドに取っ手を設けました。また、広いスペースを最大限活用するため、ボードの端に段差はありません。

ボード側は重たい機材を載せ、ステージで強く踏み込まれることも想定し、27mm厚としています。

万が一にも搬送中にケースが開いてしまわないよう、キャッチロックを3ヶ所に設けています。ヒンジ部も同様に3ヶ所で固定することができます。

金属製のキャリングハンドルには運搬中に滑らせてしまわないよう、ゴム製の持ち手を装備しています。

立てて置いた際にも滑らないよう、側面にゴム足を設けています。

続きを読む

2014年

2月

05日

手頃で上質なオーバードライブ!Movall Firefly MM-03!

当店に新しく入荷したオーバードライブペダル!Movall Firefly MM-03ホタルの美しく儚い光のような、繊細で美しい、きらめくようなオーバードライブペダルです。

Movall Audio Firefly MM-03は、特にクリーンなアンプに使えば、ピッキングで簡単にゲインをコントロールできるハイレスポンスなドライブサウンドが得られます。

例えば、ストラトキャスターのネックピックアップではクリーン~ローゲインドライブ、そしてリアにスイッチすればクラシカルなオーバードライブが得られるようなセッティングを作ることもできます。

ブルースジャズに最適な、ほんの少し歪んだ美しいサウンドも簡単に作ることができます。

続きを読む

2014年

2月

04日

Buffalo fx新作!Patriot!

当店でも人気の、フランス生まれのエフェクター、Buffalo fxから、新作が入荷いたしました!

新ペダルはPatriot。90年代初期のロシア製Big Muffを元にしたファズディストーションペダルです。

続きを読む

2014年

2月

03日

ORANGE RANGEのNAOTOさんのエフェクターボード!

ORANGE RANGEdelofamiliaのギタリストとして活躍されるnaotohiroyama(orangerange/delofamilia)さんから、ペダルボードの写真をいただきました!

まずペダルの中央に位置するGranith Grey Boosterから、Mr.Black Eternaへ。そしてもう片方の信号はHuman Gear FINE OD.からMr.Black Double Chorus、BOSS RE-20へとつながっています。

電源供給はOne Control Distroですね。

naotohiroyama(orangerange/delofamilia)さんには、以前Granith Grey Boosterの音源も録っていただきました。

続きを読む

2014年

2月

02日

丹精込めて手作業で作られるスライドバー!Crushsound Ceramic Guitar Slides!

最高に美しく、そして素晴らしいスライドバーが入荷しました!

ポーランドのCrushsoundにて、完全手作業で制作されるスライドバーは、ただ芸術的なだけでなく、音楽的なトーンを持ち、美しく、使い勝手の良いモデルです。

続きを読む

2014年

2月

01日

革新的ピックアップ、Railhammerを設計したジョー・ネイラー氏とは

レールとポールを組み合わせ、バランスの良い明瞭なトーンを作り出します!

このピックアップを開発したのが、伝説と言われる設計者、ジョー・ネイラー氏です。

続きを読む