2013年

10月

01日

今勢いに乗る[Champagne]のライブに行ってきました!

9/30、岩手県の盛岡 CLUB CHANGE WAVEで行われた、今加速を付けて勢いに乗る、[Champagne]のライブにお邪魔してきました!

6月に最新の4thアルバム、Me No Do Karate.が発売された[Champagne]とは長いことお付き合いをさせていただき、音の面でのサポートなどもさせていただいてきました。

今回、盛岡で初のワンマンということでお邪魔させていただきました。

足元に並ぶペダルを撮らせていただきました!なお、申し訳ございませんが写真に写っていたセットリストの部分だけは非公開とさせていただいています。

ではまず、ギターの白井 眞輝さんの足元から。

膨大なエフェクトが並びます。左上はJHS Morning GloryJHS Super BoltJHS 808JHS Charlie Brownが並びます。

さらにAmptweaker TightMetalMad Professor Mighty Red Distortionが続きます。チューナーはブラックのKORG DT-10ですね。

下段にはErnie Ballのヴォリュームペダルのあと、Chameleo Tail LoopChrocodile Tail Loopの制御系がならび、もう1台のJHS Super Boltがあって、旧モデルのBudda Bud-Wahが並びます。ワウの奥にはJHS Mini Bomb Boost、そしてBOSS DD-3とEventide Pitchfacter、そしてLine6 M9とデジタル系が並んでいます。

まさに超弩級のペダルボードです。

次は、ギター・ヴォーカルの川上 洋平さんの足元です。

JHS 808Mad Professor Sweet Honehy Overdrive、MXR EVH Phase90、BOSS DD-3とFreakshow Effects Digilog Delayが使われています。

ルーパーはOne Control Chrocodile Tail Loopで、チューナーはKORG Pitchblack。そして個性的なペダル、Red Panda Particleがおかれていました。

そして、ベースの磯部 寛之さんのボードです。

Mad Professor Forest Green CompressorBlueberry Bass overdrive、ノブが隠されているのはTECH21 Sansamp Red RipperとCrews Maniac SoundのSVD-001。そしてMad Professor Ruby Red Booster

下段はチューナーのBOSS TU-2に続いてOne Control Chrocodile Tail Loopを使っていただいています。

全て、実際のステージで使われたセットです。[Champagne]はすごい人気で、盛岡では初のワンマンにもかかわらず当然のようにSold Out。10代若い方や女性のファンの方も多く来ていて、とても盛り上がっていました。

[Champagne]のみなさん、本当にありがとうございます!

2013年

9月

25日

初期のギルモアサウンドを再現!Mojo Hand Ponpeii 全世界250台限定発売!

デヴィッド・ギルモアの音を再現できるペダルとして人気のIron Bell Fuzzで有名なMojo Handより、今度は初期のギルモアサウンドが作れるファズが入荷しました!

Ponpeiiと名付けられたこのファズは、Pink Floyd Live at Pompeiというドキュメンタリー映画からインスパイアされた限定モデル。全世界250台のみの稀少なファズペダルです。

ギルモアといえばBIG MUFF系ファズで有名ですが、初期のころはFuzz Face系のファズを使っていました。

このPonpeiiはその時代のギルモアサウンドを再現。オリジナルのファズフェイスよりも使いやすく、コンパクトで様々なギターでお使いいただけます。