2016年

10月

27日

枯れたヴィンテージマーシャルサウンド!Animals Pedal Major Overdriveの動画が出来ました!

可愛いのに本格的な音。むしろいぶし銀のようなサウンドが話題のAnimals Pedal Major Overdrive、動画が出来ました!

この渋い音。元気の良いブリティッシュトーンも良いですが、これもまた素晴らしい。あくまでオーバードライブとして、スタンダードに使えるペダルであり、そして明らかなヴィンテージブリティッシュトーンを作ることができます。

70年代初期のブリティッシュチューブアンプが持つ、魅惑の“プレキシ”トーン。Major Overdriveが目指したのは、ピッキングでコントロールが出来、いつでもクリーンに戻すことのできるクラシックハイゲインです。

ブリティッシュチューブアンプの電圧をあえて落とした“ブラウンサウンド”のフレイバーを持ち、クリアでローミッドに焦点を当ててバランスされたトーンは伸びやかでスムースな音を作ります。
パンチのあるアタックはカッティングにも最適で、ミュートプレイにも十分なコンプレッションを備えます。

十分に歪みながら、和音はそれぞれの音がきちんと分離する。70年代後期から80年代初期の“ギターゴッド”が奏でたブラウンなトーンがすぐさま手に入るオーバードライブです。

いつまでも音を聞いていたくなる、ロックの殿堂のようなトーンは、様々な楽曲やフレーズ作りに於いても重要です。良い音を聞くからこそ、良いフレーズが浮かびます。
かつては重たいアンプやキャビネットを丁寧に運び込まなければ得られなかった音が、今はMajor Overdriveでいつでも鳴らせるのです。

なお、Skreddy Pedals名義でも同じモデルが発売されています。内部構成、回路、パーツ等は同じです。こちらの音もご参考に!