2014年

3月

22日

Granith Grey Boosterをアンプのループに入れるとどうなるか!?

世界中で人気のOne Control Granith Grey Booster。1月にはNAMM SHOWにも出展され、訪れたプロフェッショナルからも注目を浴びていました。

そして、スウェーデンの有名な楽器店、These Go To 11から、素晴らしいデモが届きました!

Granith Grey Boosterをアンプのエフェクトループで使うとどうなるのか。

プロトの段階から、実際に使うとどうか、というテストは何度も行っており、説明にもそのことは触れておりますが、実際にお使いいただいて動画に残されたのは初めてです。

結果は、ご覧のとおり。プリアンプの歪みを保ったまま、マスターボリュームとして動作します。アッテネーターのように使うこともできますし、1ボリュームアンプをさらに扱いやすくすることもできます。

また、Granith Grey Boosterを通すことにより、音がさらに前に出やすくなります。音そのものはほぼ変わらないのに、音が前に出る。まさにBJFマジックです。

動画では行われていませんが、例えばマーシャルアンプやハイゲインなアンプを使い、ある程度歪ませた状態でさらにブーストすると、より激しいパワーアンプのドライブをお楽しみいただけます。