Lundgren Guitar Pickups / Stratocaster Lundgren/BJFE set

Lundgren Guitar Pickups / Stratocaster Lundgren/BJFE set

ラングレンギターピックアップ / ストラトキャスターラングレンビージェーエフイーセット

BJFE、MAD PROFESSOR、Bearfoot fxなど数々のエフェクターやアンプの設計を手がけている「奇才 」BJFの手によるピックアップがついに登場しました。

ピックアップのポジションによって音が違いすぎる!
このストラト一本で、もしパワフルなサウンドも出せたら表現の幅が広がるのに…

BJFは、今までギターに関わるあらゆる仕事をする中で、ストラトキャスターのピックアップには2つの課題があると考えていました。
Lundgren Guitar Pickupsとのコラボレーションモデルを開発するに当たって、長年温め続けていたアイデアを 実現する時がついにやってきました。


「BJF自身によるコメント 」
どれだけアンプのセッティングにこだわって自分の好みのサウンドに設定しても、ひとたびピックアップセレクターをいじると一気にトレブリーになりすぎたり、または音がこもり過ぎたりと、ピックアップに翻弄されてしまう。 そして、多くのギタリストはピックアップとはそういうものだと思ってしまっているのではないだろうか。
これに対する私の答えは、どのポジションを選択しても高音域と低音域の出力はほとんど変化させず、中音域の出力で音質の違いをコントロールするというものだ。そうすることで、本当の意味でピックアップでサウンドを操れるようになると考えている。

もうひとつはシングルコイルの特徴でもあり、弱点でもあった出力の大きさの問題について。
大きな出力を得ようとしてコイルの巻数を増やすと、その分だけ高音域が犠牲になるのは皆知っていると思う。 これも今まで当たり前の事として個性という言葉でごまかされてないか。もちろんこれは自然の法則なのでどうしようも無いが、ちょっと考え方を変えて巻数を増やすのとは異なる方法でブリッジ側のピックアップの出力を増やすことで、シングルコイルならではのサウンド特性を保ちながら十分な出力を引き出すことができる。これによりスパゲッティウエスタントーンからHR/HMのようなヘヴィに歪ませたパワフルなサウンドまで、欲しいままのサウンドを全てストラトキャスター1台で実現できる。

ストラトキャスターを愛する多くのギタリストに使ってもらいたい。

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス