Wren and Cuff Creations / Mercy Phuk Colossal Overdrive

Wren and Cuff Creation / Mercy Phuk Colossal Overdrive

レナンドカフクリエーション / マーシーファックコロッサルオーバードライブ

 

 

Wren and Cuff Mercy Phuk Colossal Overdriveは、レナンドカフのヘヴィなマフ系ファズペダルと、少しダーティな味わいのあるPhat Phuk Boosterのギャップを埋めてほしい、という多数のリクエストへの回答です。

 

Mercy Phuk Colossal Overdriveは、Phat Phuk Booster同様、シンプルな1ノブにこだわり、「セットしてあとは忘れる」というマインドを大切にしています。

独特なヴォイシングを施したオーバードライブで、ギターやベースのヴォリュームノブに対し、ダイナミックでセンシティブなレスポンスを実現します。

 

ギターやベースのハイミッドに重点を置いたアグレッシブなペダルは?

そう、これです。

もっとスムースに、ファットに、ローエンドを強くするには?

Girthスイッチを倒せばOKです。

 

Mercy Phuk Colossal Overdriveは、Opampを用い、MOSFETとLEDによる非対称クリッピングを搭載します。クリッピングは内部のトリムポットで微調整できます。

 

たった1つのノブを回せば、音量とともにOpampがディスクリートのセカンドゲインステージをプッシュし、歪みのシェイプを可変します。このセカンドゲインステージは、また違ったゲルマニウムダイオードとLEDによる非対称クリッピングセクションを設けています。

つまり?

クラシカルなゲルマニウムダイオードのスムースさと、モダンなMOSFETとLEDのクリッピングで高いアウトプットと音の塊感をミックスできる・・・すなわち、リッチでコンプレッションが強く、そしてタイトな歪みが得られます。

 

Mercy Phuk Colossal Overdriveは、ギターとベースの両方で同様に使うことができます。特にベーシストにとって、「あるセッティングだけで使える」ようなペダルを買ったような気にはさせません。

 

Girthスイッチも同様に、ベースで使った場合はベーストーンを損なうことなく、音色のキャラクターのみを切り替えることが出来ます。(Wren and Cuffは、ベーシストを付け足しとして扱うようなことはしません。)

Mercy Phuk Colossal Overdriveは、様々なペダルボードにフィットするコンパクトなペダルです。

 

 

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス