Shoe Pedals / Savior Machine

Shoe Pedals / Savior Machine

シューペダルズ / セイバーマシン

SAVIOR MACHINE: OVERDRIVE AND DYNAMIC ENHANCER

Shoe Pedals Savior Machineは、一般的に“トランスペアレント”と呼ばれるオーバードライブです。“トランスペアレント”と言う理由は簡単で、Savior Machineはギターとアンプの特性を変えること無く、ナチュラルサウンドのオーバードライブを作るからです。
つまり、Savior Machineは使用するギター、ピックアップのタイプによって音色が異なる、ロー~ミディアムゲインオーバードライブです。ローゲインセッティングではクリーンブーストも可能です。
また、Savior Machineは非常にダイナミックなオーバードライブです。ピックアタックやプレイングスタイルの違い、ギター側でのヴォリュームコントロール、ピックアップチェンジに対し高い応答性を示す、センシティブなペダルです。
セッティングにもよりますが、ソフトにプレイすればほぼ歪まない音~軽い歪みとなります。Savior MachineのGainコントロールは、プレイングに対するセンシティブさのコントロールと考えてください。

Savior Machineは、ディレイやリバーブペダルの後に接続しても有効です。これは様々なスタイルに有効です。例えばインディー・ロックやシューゲイザーでは、このようにリバーブやディレイうをディストーションやオーバードライブの前に設置します。また、ヴィンテージスモールアンプを使った時のような効果を出すプリアンプペダルとしても有効です。
Savior MachineのBass Cutノブを使うと、このような使い方をする際の音色の明瞭さを調整できます。Bass Cutノブは音が濁ることのあるハイゲインピックアップやダーティなプリアンプなどで、強すぎるローエンドを調整することもできます。

プレイヤーがそれぞれ求めるトーンの出るセッティングで音を出すのが最も重要です。その中で、ペダルの接続や使い方に新たな視野を広げることはとても役立ちます。Savior Machineは様々な使い方が出来るので、プレイングを“エンハンス”するためには最適なツールです。

・コントロール
Volume(左上):アウトプットレベルを調整します。

Gain/Sensitivity(右上):ペダルの歪みやすさとピックアタックを調整します。

Headroom(トグルスイッチ):オーバードライブとして扱いやすいソフトな歪みと、さらに広いダイナミクスとヘッドルームの、ブースト/コンプレッションを切替えます。

Treble(左下):高域をカットするコントロールです。歪みのメインステージの後段に設置されています。

Bass Cut(右下):歪みのメインステージの前段に設置されるコントロールで、ローエンドのレスポンスを調整することができます。

Bypass(フットスイッチ):トゥルーバイパススイッチです。


スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。電池はお使いになれません。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス