Old Blood Noise Endeavors / Haunt Fuzz

Old Blood Noise Endeavors / Haunt Fuzz

オールドブラッドノイズエンフェヴァース / ホーントファズ

Old Blood Noise Endeavors Haunt Fuzzは、様々な個性的ファズサウンドを作るゲーテッドファズです。クリーンサウンドの後ろに微かにファズが鳴るような音色から、ノコギリで波形を切り刻むようなファズまで、Volume、Gate、Fuzz、MixとToneノブを組み合わせて様々なテクスチャとキャラクターを作ることができます。
さらに2つのトグルスイッチがあります。これらのスイッチはModeとBassスイッチです。Modeスイッチはシリコントランジスタのコンビネーションを切替、音量やファズの歪みを選択できます。Bassスイッチでは、ローエンドブーストをエフェクトシグナルに加える事ができます。

●コントロール
Volume:全体の音量レベルを調整します。
Mix:エフェクトシグナルとクリーンシグナルのバランスを調整します。最小設定では完全なクリーンシグナルとなり、最大ではエフェクトシグナルのみとなります。
Fuzz:ファズのゲインを調整します。最大設定のラスト5%はフィードバックが混ざる、ノイジーなエフェクトになります。
Tone:ハイパスフィルターの設定をします。左に回せばローが強いサウンドに、右に最大に回せばシャープでトレブルの強いサウンドとなります。
Gate:ファズサウンドの圧縮度を調整します。左最大に設定すればオープンでゲートのかからないサウンドに、右最大に設定すれば強いコンプレッションのかかったサウンドとなります。

Modeスイッチは左ポジションでコンプレッションの強いハーモニックファズとなります。右ポジションではオープンなミッドレンジファズとなります。右ポジションの方が音量も上がります。スイッチを切替えることで、各ノブのレスポンスなどが変わります。モードを変更した際は、ノブの設定変更も試してみてください。

Lowスイッチはノーマルシグナル(左ポジション)とベースブーストシグナル(右ポジション)を切替えます。音色が少し太くなります。

Haunt Fuzzはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は20mAです。電池はお使いになれません。

●Haunt Fuzzのアートワーク
Haunt Fuzzの音色イメージを体現する、ダークで不気味なこのデザインは、Tiny Media Empireのダニエル・デンジャーによるものです。

ビルダーのBrady SmithとSeth McCarrollは以前からダニエル・デンジャーのデザインアプローチが好みで、特にBradyはリビングにダニエル・デンジャーの作品を飾っていました。
そんな中、Old Blood Noise EndeavorsのBlack Fountain Delayのプリオーダーリストにダニエル・デンジャーの名前を見つけ、早速ペダルのためのデザインをして欲しいと頼んだところ、快諾を得ました。
デザインの制作は楽しく、暗闇の中に牙が光るイメージがまさにサウンドを表現しています。
是非、ダニエルの他の素晴らしい作品も探してみてください。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス