Mercy Seat Effects / Consider The Raven Reverb “Flock” Edition

Mercy Seat Effects / Consider The Raven Reverb “Flock” Edition

マーシーシートエフェクツ / コンシダーザレイヴンリバーブフロックエディション

Consider The Raven Reverb “Flock” Editionは、パワフルな機能、多彩なトーン、ペダルボードで場所を取らないコンパクトサイズのリバーブペダルをコンセプトとして制作されました。

クイックでスラッピーなリバーブから、豊かなリバーブサウンドまで、様々な空間の広がりを作ることができます。

Consider The Raven Reverb “Flock” Editionのコントロールは多彩ですがシンプルで簡単です。コンパクトなケースでの配置なども考慮し、扱いやすいリバーブペダルであることを意識して制作しました。
リバーブサウンドの調整にあまり時間をかけたくないプレイヤーのためにも、シンプルに設定できるコントロールを心がけています。

Volumeコントロールはペダル全体の音量を調整します。
Verbコントロールはリバーブエフェクトの音量です。クリーンシグナルとミックスされる際のバランスをコントロールできます。
クリーンシグナルとリバーブシグナルがミックスされてからVolumeコントロールで全体の音量を調整するため、Consider The Raven Reverb “Flock” Editionはクリーンブーストとしても使うことができます。
Toneコントロールはリバーブシグナルのトーンを調整します。クリーンシグナルには影響しません。Toneを低く設定すればギターのトーンを変えず、空間を構成する材質が柔らかくなったような暖かなリバーブに、高く設定すれば金属的な空間のようなクリスプリバーブになります。
SizeコントロールはDwellやLength等とも呼ばれるコントロールで、リバーブの長さを調整します。最小に設定すれば反響がすぐにおさまるようなスラッピーリバーブに、そこから上げていくとスプリングやプレートリバーブのサウンドに、最大に設定すると豊かで広大な空間を背負うことができます。シューゲイザーや“ソニック”なサウンドにも最適です。
Flockスイッチは、このConsider The Raven Reverb “Flock” Editionを全く違ったペダルへと切替えます。
リバーブ回路のゲインを切り替えるもので、新しいリバーブトーンが得られます。サウンドにコンプレッションと倍音成分が付加され、より強いリバーブが得られます。ONにするとゲインが上がり、全体の音量も高くなるため、Volumeコントロールで音量を調整してください。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス