Mad Professor / New Sweet Honey Overdrive

Mad Professor / New Sweet Honey Overdrive

マッドプロフェッサー / ニュースウィートハニーオーバードライブ

Mad Professorのベストセラーペダル、Sweet Honey Overdriveは、アンプライクでブルージー、そしてクリアで抜けの良い歪みを作り出します。
その音はまさに最高級のフルチューブアンプを絶妙にプッシュして作り出す究極のクランチサウンドだと言われています。

New Sweet Honeuy Overdrive(NSHOD)は、そんなSweet Honey Overdriveのサウンドを受け継ぎながら、内部基板、ジャック、ポット等の構造を見直したことでよりお求めやすいモデルとして誕生しました。

●オリジナルSweet Honey Overdriveとの違い
オリジナルSweet Honey OverdriveとNew Sweet Honey Overdriveは、多少ながら違いがあります。
■筐体
ずっしりと重いオリジナルSweet Honey Overdriveは亜鉛ダイキャスト筐体を採用していますが、New Sweet Honey Overdriveはアルミダイキャストボディを採用し、軽量に作られています。
■ジャック・スイッチ類
New Sweet Honey Overdriveでは、生産性向上のため、インプット/アウトプットジャック、アダプタージャック、フットスイッチ等を全て基板に直接配置して製作されています。
そのため、インプット/アウトプット/アダプタージャック、フットスイッチが変更されています。
■サウンド
オリジナルSweet Honey Overdriveのサウンドを踏襲していますが、パーツの違いにより、サウンドは多少異なります。

●Sweet Honey Overdriveとは
Mad Professor Sweet Honey Overdrive(SHOD)は、タッチレスポンスなオーバードライブペダルです。
甘く暖かで明るいトーンが特徴で、基本的にローゲインなサウンドを作ります。
ギタートーンの中心となる、基本的な音色としてご使用いただけます。

軽くプッシュされたハンドクラフトの真空管アンプのように、軽いオーバードライブからクリーンまで、ギターのヴォリュームだけで操作することが出来ます。
SHODならではのFocusコントロールは歪みのフィールやペダル全体のダイナミクス、音色の重心を操作し、音色全体のバランスを微調整することが出来ます。

伝説的なオーバードライブペダル、“BJFE Honey Bee OD”を基本としているため、特性は似ていますが音色は全く違います。SHODはタイトで扱いやすく、様々なギターやアンプと組み合わせ、その本領を発揮します。

特に真空管アンプと組み合わせると、DRIVEノブを上げることで強い歪みを作ることも出来ます。オーバードライブとしてのゲインはそれほど高くはありませんが、音の瞬発力とレスポンス、厚い音色の質感が合わさり、手元の操作だけでまるでディストーションのような音色からブルースやロックのリード、バッキング、ファンクカッティング、ジャズギターなど、どんなジャンルにも対応できる柔軟性が特徴です。まさに「クリーンサウンドのようで歪んでいる音色」です。
SHODは、ピッキングに対する反応性が絶妙で、弾いた瞬間のタッチがそのままアンプを通して表現できるので、思うがままのプレイを実現させることができます。

SHODは、全てプレミアムコンポーネンツを使用し、高い信頼性、耐久性を持って制作されています。

●コントロール
VOLUME:全体の音量を調整します。
DRIVE:歪みの基本的な強さを調整します。ギターのVolumeやプレイのタッチと合わせ、詳細な歪みのコントロールが可能です。
FOCUS:回路全体の“歪みやすさ”と全体的なEQを調整します。反時計回りに回せば歪みが少なく、メロウなエフェクトに、時計回りに回せば歪みやすく、軽いトレブルブーストのかかった明るい音色に変わります。FOCUSノブは11時あたりを基本に音を作り始めてみてください。

●スペシフィケーション
・電源:7.5~18VDC
・消費電流:5mA @9VDC
・インプットインピーダンス:260K
・アウトプットインピーダンス:25K
・トゥルーバイパス

駆動には9~18VDCアダプター、または9V電池をご使用ください。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:\28,000-(税抜)