Instruments for a New Electric Music / The Driving Notion

Instruments for a New Electric Music / The Driving Notion

インストゥルメンツフォーアニューエレクトリックミュージック / ドライビングノーション

 

 

 

Driving Notionは、ユニークなテクスチャーとアタックを持ち、複雑なコードでも高い解像度で出力するペダルです。

ギターではもちろん、特にベースで強い効果を発揮します。

ゲインとトーンはHIGHとLOWノブで調整します。それぞれのノブでは、周波数のレスポンスとドライブを、それぞれのパラレル回路でコントロールできます。

 

Highノブは、高域をブーストし、特に高い音程で効果を発揮し、よりシャープなアタックを作り、音色を軽く歪ませることができます。

Lowノブはダークなブーストから、低域~ローミッドにかけて歪むファズのような音を作ることができます。

High、Lowの回路はどちらも、楽器のVolumeやToneの設定により様々な表情を見せます。

 

そして、他のINFANEMペダルと同様、極端な設定をすればすさまじい音を出すことができます。Lowを上げれば強烈なベースファズサウンドに、Highを上げれば発振の領域まで踏み込むことができます。

 

クリーンアンプに接続すればDriving Notionならではの歪みを、そして歪んだアンプに接続すれば、さらなるゲインと高い解像度を実現。また、ファズの後につなげば必要な音がすぐさま手に入ります。

 

コントロール

●Out:音量を調整します。9時あたりでスタンダードなギターのユニティゲインとなります。

 

●High:ゲインと高域のキャラクターを調整します。左に回せば軽いトレブルブーストと少しの歪みが、右に回せばシャープでアグレッシブなサウンドとなります。

 

●Low:ゲインと低域のキャラクターを調整します。左に回せば軽いダークブースト、中心付近から歪みが加わり、右に回せば強烈な低域のファズサウンドが得られます。

 

●In:インプットゲインを調整します。

 

●Mix:ハイとローのバランスを調整します。左に回せばローが、右に回せばハイが強くなります。

 

特徴

・トゥルーバイパススイッチング

・ハモンド1590BB筐体を採用。全てのグラフィックスはポートランドスカイブルーで、全てのスクリーンプリントとアセンブリはポートランドで行っています。

・オレゴン州ムリーノで製作される両面、スルーホールのPCBを使用し、RV24フルサイズポット、JFETインプットOpamp、メタルフィルム抵抗をはじめ、高品質のコンポーネンツで組み込み

・9Vアダプター(EPA-2000推奨)で駆動します。電池駆動はできません。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス