Henretta Engineering Purple Octopus Octaveup

Henrietta Engineering / Purple Octopus Octaveup

ヘンレッタエンジニアリング / パープルオクトパスオクターブアップ

Purple Octopus Octave Upは、シンプルなアナログオクターブアップエフェクトです。サウンドは少し変わっていて予測不能な部分もあります。シングルノートにはオクターブが加わり、コードを弾けばシンセ風味のスクエアウェーブサウンドが得られます。ペダルのアウトプットはユニティゲインを超え、ソロ時にアンプをプッシュする使い方も可能です。
5.0cm×5.0cmの非常に小さな筐体で、ペダルボードにも簡単に納めることができます。

フットスイッチを踏めば、ペダルのON/OFF切替ができます。ON時にはLEDインジケーターが輝きます。エフェクトOFF時に回路は完全に信号から除去されます(トゥルーバイパス)。

Purple Octopus Octave Up は、内部に1つのトリマを搭載しています。これで音量のコントロールです。ファクトリーセッティングでは、ユニティゲイン付近に設定されています。
トリマは、ロットによって左右の動きが逆転する場合があります。音色に違いはありませんが、実際にお手元のペダルのトリマの動きについては、実際に調整しながら確かめてください。

Purple Octopus Octave Upの回路は、特にフロントピックアップで9~15フレット付近で最もクリアなオクターブアップサウンドが得られます。他の位置のピックアップでも非常に面白い音をつくることができますが、リングモジュレーターのような音が必要なら、この付近から音を作り始めると良いでしょう。

Specifications
構成:Purple Octopus Octave Upは、通常LEDがある方を奥に、フットスイッチが手前に来るように設置します。このとき、インプットジャックは右側に、アウトプットジャックが左側になります。DCインプットジャックは左側になります。
電源:Purple Octopus Octave Upは、スタンダードなセンターマイナスの9VDCアダプタ(EPA-2000推奨)で動作します。電池はお使いになれません。Current Drawは30mAです。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス