Henretta Engineering Mr. White Tweak Boost

Henrietta Engineering / Mr. White Tweak Boost

ヘンレッタエンジニアリング / ミスターホワイトツウィークブースト

Mr.White Tweak Boostは、音量を上げ、アンプをプッシュしてオーバードライブサウンドを作ることの出来るシグナルブーストペダルです。いろいろなEQ設定をすることができ、様々なブーストサウンドが得られます。
5.0cm×5.0cmの非常に小さな筐体で、ペダルボードにも簡単に納めることができます。

フットスイッチを踏めば、ペダルのON/OFF切替ができます。ON時にはLEDインジケーターが輝きます。エフェクトOFF時に回路は完全に信号から除去されます(トゥルーバイパス)。

Mr.White Tweak Boostには、4のDIPスイッチがあります。このスイッチの組み合わせにより、以下の機能を使うことができます。

これ以外のスイッチの組み合わせは大きなノイズや音が出ない場合がありますのでご注意ください。

内部には3つのトリマを搭載しています。これでBass、Treble、出力音量を調整できます。BassとTrebleトリマは、DIPスイッチでEQがONになっているときにのみ有効となります。EQをONにすると、OFFの場合よりほんの少しだけブーストレベルが下がります。透明なクリーンブーストが必要な場合は、EQをOFFに設定してください。
ペダルを裏返し、フットスイッチを手前にして置いた際に、左端にあるトリマがBass、中央にあるトリマがTrebleトリマで、右端にあるトリマがボリュームトリマです。

各トリマは、ロットによって左右の動きが逆転する場合があります。音色に違いはありませんが、実際にお手元のペダルのトリマの動きについては、実際に調整しながら確かめてください。
TrebleとBassトリマは、両方を高くすればミッドレンジが削れ、低くすればミッドレンジを強調することができます。それぞれのEQコントロールは中央の位置にセットしてから調整を行うと音作りがやりやすくなります。ファクトリーで人気のセッティングは、EQをONにし、Trebleをフラットに、Bassをほんの少しだけ下げてボリュームを最大から少しだけ下げた位置にすることです。こうすると、素晴らしいブーストサウンドが得られます。


Specifications
構成:Mr.White Tweak Boostは、通常LEDがある方を奥に、フットスイッチが手前に来るように設置します。このとき、インプットジャックは右側に、アウトプットジャックが左側になります。DCインプットジャックは左側になります。
電源:Mr.White Tweak Boostは、スタンダードなセンターマイナスの9VDCアダプタ(EPA-2000推奨)で動作します。電池はお使いになれません。Current Drawは2mAです。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス