Faustone Valve Klipper

Faustone / Valve Klipper

ファウストーン / バルブクリッパー

VALVE KLIPPERは、70年代初期のLaneyのKLIPPと60年代後期のプレキシプリアンプを元に作られた完全なる真空管アンプです。
VALVE KLIPPERは真空管アンプとして設計されました。ペダルボードに置くエフェクターとしてではありません。VALVE KLIPPERは手元の真空管アンプに2つの新たな歪みを加えることができます。1968年のプレキシプリアンプ(ブースト)とKLIPPの回路(オーバードライブ/ディストーション)の2つををエフェクターの筐体の中に作り出しました。他のアンプの前に置くことで歪みを加え、真空管回路による本物の飽和感を得ることができます。

真空管を使っているだけのペダルとは違い、VALVE KLIPPERでは本物のKLIPPアンプと同じ300Vの電圧を真空管に送ることができるようになっています。115V/230Vの切り替えスイッチが付いており世界中の電圧に対応しています。日本では115V側で使用します。

真空管は筐体内部の仕切られた区画に位置しています。他の回路から離すことで少しでも電磁波の影響を減らすためです。真空管の上には取り外し可能な蓋がしてあり、真空管の破損を防ぎます。また蓋を外すことで通気を良くすることもできます。


【仕様】
・サイズ:L18.0cm x W15.0cm x H7.0cm
・ポイントトゥポイント配線
・トゥルーバイパス仕様
・グラウンドリフトスイッチ搭載
・スペインにてハンドメイド

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:\79,800-(税抜)