Eventide / Eclipse

Fairfield Circuitry / Eclipse

イーブンタイド / エクリプス

シングルラックユニットの中にEventideのパワー、パフォーマンス、歴史を詰め込んだ1台

Eventide Eclipse V4は、歴史的な名機とも言えるEventide H3000をさらに大きく進化させた1Uラックマルチエフェクターです。
デュアルDSPの強力なパワーとEventideのテクノロジーが織りなす圧巻のサウンドクオリティ。多彩なアルゴリズムを深く細かく設定することが出来、圧倒的なレンジを実現。さらにこのコンパクトなデバイスに多くのアナログ、デジタルインプット/アウトプット、MIDIやシリアルポートを備え、多くの接続にも対応します。Eventideの伝説的なエフェクトプロセッシングパワーに今、手が届きます。

●デュアルエフェクトブロックアーキテクチャ
Eventide Eclipse V4は24ビットデジタルコンバージョンと96kHzのサンプリングによる高音質を実現するエフェクトプロセッサーです。
Eclipse V4には、100種類以上の基本となるエフェクトアルゴリズムが収録されています。このアルゴリズムにはディレイやサンプリングルーパー、コンプレッサーやノイズゲート、トレモロ、EQ、フィルター、ボコーダー、ワウ、ワーミー、ピッチシフターなどのエフェクトをはじめ、8つのディレイを組み合わせたり、16ラインリバーブやリバースピッチシフターなどの複雑なエフェクト、さらに上質な歪みを作ることのできるプリアンプアルゴリズム、そしてEventide TimeFactorやModFactorのアルゴリズムなどが含まれています。

そして、Eclipse V4はこれらの多彩なアルゴリズムを同時に2種類まで、多彩なルーティング設定で組み合わせてプログラムを制作することが出来ます。インプット/アウトプットはステレオ/モノラルに対応しています。

また、V4からはプログラム中に保存された2つのエフェクトアルゴリズムはMIDIコントロールによって個別にON/OFFすることも可能となりました。

●クラシックEventideエフェクト
Eclipse V4には、Eventideが作り上げてきた様々なエフェクトも収録しています。ヴォーカリストやFOHエンジニアにとって最適な、シームレスで素早いピッチシフトを行うマイクロピッチシフトを初め、DSP7000シリーズ用に開発された高品質スタジオクオリティのリバーブフェクトはEclipseにも移植されています。全てのリバーブはトゥルーステレオイン/アウトに対応しています。
ディレイエフェクトを見てみると、そこには広大な選択肢が広がっています。バンドディレイ、コーラスディレイ、コムディレイ、ダックドディレイ、リングディレイ、パンディレイなど、多数のディレイエフェクトを選択可能。20秒のモノラルループ、10秒のデュアルループ、20秒のリバースループ、10秒のデュアルリバースループなどサンプリングルーパーも充実。
しかも、これらのエフェクトアルゴリズムはどれもエフェクトブロックを1つ使用します。つまり、もう1つのエフェクトブロックを使用し、さらなるサウンドの可能性を求めることができます。

●これがEventideだ
ライブパフォーマンス、サウンドエンジニアリング、スタジオクオリティプロセッシング。Eclipse V4は1台で膨大なパフォーマンスに対応できるコンパクトながら強力なツールです。
まさにプロフェッショナルパッケージ。そう、Eclipse V4はただのエフェクトボックスではありません。これがEventideなのです。

●Eclipseの特徴
・世界で最もリッチなサウンドを誇るエフェクト群
・グローバルテンポにより、LFO、ディレイタイムなど様々なタイムベースのパラメータを同期
・シリーズ、パラレル、デュアルモノプロセッシングのルーティングを構築できる2つのエフェクトブロック
・LFO、エンベロープフォロワ、ADSRを様々なパラメータに設定可能
・アナログ、AES/EBU、S/P DIF、オプティカル、ADATデジタルインプット/アウトプットによるフレキシブルな接続
・高解像度な24ビット分解能、最大96kHzサンプ

●Eclipseの基本構造
・プログラム
プログラムは読み込むものです。プログラムは、ディレイやリバーブ、ピッチシフターなどのエフェクトを指します。

・テンポ
テンポは、OFFを設定しない限り常に動作しています。Eclipseのテンポは、フロントパネルのMIDI INに接続したシーケンサや
フロントパネルのTAPキーによって設定されます。LFOレートやディレイタイムなど、様々なパラメータがテンポに同期していて、テンポ設定を変更するとこれらのパラメータも同時に変更されます。

・モジュレーションブロック
モジュレーションブロックは、変調に関わるものです。モジュレーションブロックはLFO、エンベロープフォロワなどで構成されています。これらはプログラムの中に含まれていて、プログラムからのパラメータパッチでこれらのLFO、エンベロープフォロワなどを設定できます。そしてここには様々なパラメータを割り当てることができます。この機能を使うことで、操作性も大きく向上します。

・グローバルパラメータ
グローバルパラメータは、Eclipse全体の設定を行います。インプット、アウトプットレベルやデジタルオーディオスピード、プロトコル、MIDIチャンネルなどの設定がここに含まれます。

●多彩な接続をカバーするインプット/アウトプット
Eclipse V4のリアパネルには様々なポートが配置されています。AES/EBU、S/P DIF、ADAT Lightpipeのデジタル端子、バランスドXLRタイプ、アンバランスド1/4インチフォンタイプのアナログ端子を搭載。1/4インチフォン端子はハイインピーダンスシグナルにも対応し、ギターやベースなどの楽器を直接接続することもできます。
BNCコネクターによるワードクロックインプット/アウトプットや、2つの外部ペダルポート、フルMIDI(IN/OUT/THRU)も搭載。MIDI INは7ピン端子で、通常のMIDIケーブルだけでなく7ピンケーブルを接続して電源を供給することもできます。
また、シリアルポートを使用して外部デバイスと接続し、ソフトウェアアップデートやプログラム、セッティングのバックアップも可能です。

●簡単なセットアップとオペレーション
Eclipse V4のノブとキーパッドが簡単なセットアップオペレーションを実現します。H3000シリーズHarmonizerユニットとも共通する操作性で、H3000からのステップアップも自然に行えます。

●Hot Key
Eclipse V4のアルゴリズムやエフェクトプログラムには膨大なパラメータが配置されています。その中でも特に重要な16までのパラメータをHot Keyに保存し、簡単にアクセスを行えるように設定することができます。ステージや現場など、会場の特性や機材による微調整が必要なパラメータをここに保存しておけば、最高のセッティングを手早く行うことができます。

●専用のTAPキー
Eclipse V4のTAPキーは、ディレイだけのためのものではありません。ディレイタイムはもちろんですが、LFOモジュレーティングのフリーケンシーレートやトレモロスピードなど、多彩な機能をタップで設定できます。さらにタップ入力時の機能も、2タップのインターバルから12タップの平均値まで、様々な操作設定が行えます。

●自分だけのプリセット
Eclipse V4は、自分だけのプリセットの制作も簡単です。1つ、または2つのアルゴリズムをロードし、ルーティング、Hot Keyのアサイン、各種セッティングを行い、それらを保存することでプログラムを作ることができます。

●フラッシュカードスロット
Eclipse V4には、コンパクトフラッシュカードスロットが用意されています。コンパクトフラッシュは堅牢で長年にわたりプロフェッショナルの現場で使用されています。Eclipse V4はコンパクトフラッシュカードにプログラムを保存しておき、カードを入れ替えることで幾つものプログラムを読み込むことができます。

●スペシフィケーション
・サンプルレート:96kHz, 88.2kHz, 48kHz, 44.1kHz or external.
inputs), or 6 footswitches, or combination.


・周波数特性:

サンプルレート +0/-0.1dB +0/-3.0dB
44.1kHz 20Hz-20kHz 5Hz-21kHz
48kHz 20Hz-22kHz 5Hz-23kHz
88.2kHz 20Hz-41kHz  5Hz-42kHz
96kHz 20Hz-44kHz 5Hz-46kHz

・デジタルインプット/アウトプット:2 AES and 2 S/P DIF at 44.1-96kHz. AES relay bypass at power down.

・アナログインプット(XLRバランスドインプット)
Impedance : >20kOhm, bridging
Full Scale Input Level : 26dBu
Dynamic Range : >100dB
Signal to Noise Ratio : >100dB, A-weighted
THD+N : <0.002% @ 1kHz, -3dBFS
Crosstalk : <-100db @ 20 Hz to 20kHz, -1dBFS

アナログアウトプット
Impedance : <50Ohm
Full Scale Output Level : 26dBu
Dynamic Range : >110dB
Signal to Noise Ratio : >110dB, A-weighted
THD+N : <0.002% @ 1kHz, -3dBFS
Crosstalk : <-100db, 20 Hz to 20kHz, -1dBFS

・リモートコントロールインプット:Up to 2 foot pedals (or 0-5V control inputs), or 6 footswitches, or combination.

・MIDI接続:5 pin DIN output and thru. / 7 pin DIN input with output capability and external power jack.

・電源:45 watts, 100-240 VAC, 50/60 Hz

・サイズ:4.5 cm (h) x 48.3 cm (w) x 26.7 cm (d)

・重量:4.1kg (配送重量5.5kg)

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 定価:オープンプライス