Diaz Pedals(ディアスペダルズ)

アメリカ

Diaz Musical Productsを設立したCesar Diaz(シーザー・ディアス)はプエルトリコの出身で、6歳の頃からギターを弾き、Robert JohnsonやSonny Terryの影響を受け、ブルースにのめり込んでいました。

12歳の時にThe Hungry Menというバンドでギタリストを6年間務め、1970年にはG.E. Smithと親しくなります。

1970年代、Diazはギターアンプメーカーで働き、1979年、当時はまだ無名だったStevie Ray Vaughanと交流を持ちます。

80年代初頭、Diazはさまざまなギター周辺機器のプロトタイプを制作し始めながら、Keith RichardsやEric Claptonと共に仕事をしていました。
アルバムJourneymanではDiazがEric Claptonのテクニカルアドバイザーを務めています。

1986年、Bob Dylanバンドに所属していたG.E. Smithが、ギターの音色と機材の一切をDiazに任せました。そこから6年間にわたるDiazとDylanの交流が始まりました。91年にG.E. Smithがバンドを脱退してからは、DiazがBob Dylanバンドのギターリストの一人として、50日以上、Dylanと共にプレイすることになりました。Diazにとって長年の夢が実現した瞬間でした。
1993年、Diazはオリジナルアンプの製作と、家族との時間を増やすため、Dylanのバンドから離れます。

Diazはその後、アンプとエフェクターを製作し、多数のアーティストがその音色の虜となりました。
Billy Gibbons (ZZ Top)とJimmy Vivino (Conan O'Brian's guitar man) は6台ものDiaz Ampを所持しています。

Diazの音楽業界への貢献は莫大なものです。SRVやEric Clapton、Keith Richers、Neil Youngを初めとするアーティストのアルバムクレジットやインタビューで知ることの出来る物はごく一部です。
Diazのサービスを受けた全てのギターリストは、ギターの持つ新しいサウンドの可能性とポテンシャルに驚き、音楽の新しい表現を身につけることが出来ました。
Diazのモディファイしたピックアップや製作したアンプ、エフェクターはどれも革命的で、後世に非常に大きな影響を与えました。
Diazはまさに、ロックの音色を形作った人物の一人なのです。

【製品一覧】