Del Rey Custom Shop / Pro Mk1.6

Del Rey Custom Shop / Pro Mk1.6

デルレイカスタムショップ / プロマーク1.6

Del Rey Custom Shop Pro Mk1.6は、トーンベンダーとファズフェイスの"ミッシングリンク”、現在はMk1.5と呼ばれるバージョンを再現したファズペダルです。オリジナルMk1.5はソーラーサウンドでごく短期間のみ製造されたバージョンで、ビーートルズの“Rubber Soul”に収録される“Think For Yourself”のレコーディングで、ポール・マッカートニーが使用したと言われています。
2つのトランジスタを使用するレイアウトで、Pro Mk1.6もオリジナルと同じ回路構成を再現。ファズフェイスの持つサステインとサチュレーションと、トーンベンダーの高域や解像度を合わせたような音色が特徴です。さらにBiasノブを追加することで、音のゲート感とトーンを調整し、幅広く音を作ることができます。

Biasコントロールは、音作りの際に先に音を調整してから音量を調整してください。Biasコントロールでも音量が変わりますが、このノブで音量を調整すると、音色自体も変わってしまいます。ファズのゲート感、ラウドさやダイナミクスを可変することができます。通常、9~3時あたりの設定で使用しますが、お好みの音色となる位置を探してみてください。

最初期のモデルを思わせるゴールドハンマートーンの筐体は、オリジナルモデルよりも大幅に小型化されており、ペダルボードでも扱いやすいサイズで制作しています。
また、トゥルーバイパス、カーボンコンポジション抵抗、高品質な銀メッキを施した銅線を用い、LEDインジケータを搭載しています。

Del Rey Custom Shop Pro Mk1.6は、9V電池、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。ネガティブグラウンドのため、多くのスタンダードなエフェクターと同時にデイジーチェーンで接続することも出来ます。
使用しているトランジスタはオリジナルトーンベンダーと同じPNPゲルマニウムトランジスタですが、内部で入力された電源を切替えることでこの動作を実現しました。基板上に、オリジナルモデルには無いICチップがありますが、このチップはそのための回路のもので、音には影響しません。シグナル周りの回路は、オリジナルユニットを再現しています。

Pro Mk1.6にはゲルマニウムトランジスタが搭載されています。ゲルマニウムトランジスタは音楽的でリッチなハーモニクスを持つサウンドを作りますが、温度変化に弱く、特に低温では動作が安定せず、本来のポテンシャルを発揮できない場合があります。華氏70度(21.1℃)以上の、適度な温度での動作が最高のパフォーマンスを発揮します。

電池交換の際は、両側面にある4つのネジを外し、裏蓋を完全に取り外して行います。裏蓋を取り外す際は、ゆっくりと行い、電池や電池スナップが引っかかっていないことを確認してください。
ペダル奥側の2つのネジは、ドライバー無しでも取り外すことができます。緊急時など、どうしてもドライバーを使わずに電池を交換したい場合、この2つのネジを取り外し、裏蓋をスライドさせて電池を交換することもできます。
この場合、手前側のネジが強く締められていたり、無理に力をかけると、筐体が曲がってしまったり傷がついたり、ひどい場合は手前側のネジが折れてしまうことがあります。その際の修理や交換等は保証の対象外となりますので、この方法による電池交換の推奨はしません。

電池を内部に入れている場合、使用しない間はインプットジャックからプラグを抜いておいてください。

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス