Coldcraft Effects(コールドクラフトエフェクツ)

アメリカ

Coldcraft Effectsは、アメリカ、ヴァージニア州ウィリアムズバーグにて、細部までこだわり抜いたエフェクトを制作しています。

Coldcraftでは、堅牢でユニークなエフェクトを制作するため、常に心がけています。どんなプレイヤーにも合うエフェクトではないかも知れませんが、この音色を欲しいプレイヤーにとって最高のものだと信じています。デザインや機能は非常に重要です。どのColdcraftペダルも、内部はシンプルな作りではありません。多くのコンポーネンツを用いた複雑な構造のものばかりですが、外から見れば扱いやすいものばかりです。

●コンポーネンツと構造
2013年1月以降のColdcraftペダルは、全て内部に2つの基板があります。1つはエフェクトとそのコントロール、もう1つはリレーを用いたバイパスシステム、オーディオ端子、パワー端子です。全ての電源フィルタはハードワイヤーでグラウンディングされています。この"バイパスボード"は、クリーンかつ安定した電圧を確保するフィルタリング回路を搭載し、メインボードに電源を供給してます。Coldcraftでは、以下のコンポーネンツを使用しています。
・1%メタルフィルム抵抗:低ノイズ、低歪み、低公差
・ローノイズセミコンダクタ/IC
・フィルムキャパシタ:低ノイズ、低歪み、低公差
・アルファポテンショメータ:堅牢、高信頼性
・ノイトリックジャック:堅牢で頑丈

●リレーバイパスシステム
Coldcraftでは、パナソニックのラッチングリレースイッチを用いたトゥルーバイパス構造を採用しています。リレースイッチは、多くのトゥルーバイパスエフェクトに使われる機械式3PDTフットスイッチよりもロングライフです。
Coldcraftのバイパスシステムは、3つのスイッチを用いた設計です。これはVFE PeadlsのPeter Rutterの設計に、Coldcraftにてさらに改良を加えたシステムです。プライマリスイッチはトゥルーバイパスリレースイッチで、エフェクトのアウトプットはMOSFETミュートスイッチを用いて音量差があってもスムースなスイッチングを確保します。エフェクトへのインプットにはOpto-FETスイッチを用い、絶縁とスムースなトランジションとなります。このOpto-FETスイッチは、Voodoo Lab Pedalsで"smooth"トゥルーバイパススイッチとしても使用されています。Opto-FETスイッチとMOSFETスイッチの組み合わせにより、Coldcraftのバイパスシステムは最もスムースかつノイズレスなトゥルーバイパスを実現しました。

そのサウンドや機能を実現するためにトゥルーバイパス構造を用いないエフェクトでは、Opto-FETミューティングを用いたクラスAディスクリートバッファードバイパスとしています。

●電源
ノイズはよくありません。意図しないノイズがあるとレコーディングやプレイングに影響し、その音色はプロフェッショナルなものとはいえなくなります。Coldcraftでは、ノイズを最低限に抑えるため、様々な工夫を凝らしています。
現在、Coldcraftペダルは、センターマイナスのDC9Vアダプタのみで駆動します。電池駆動はできません。電池のスペースを確保するよりも、ノイズレスなバイパスシステムを組み込むことを優先したためです。

Coldcraftの駆動には、必ずレギュレートされたセンターマイナスの9VDCアダプタをご使用ください。

●マニュファクチュアリング
Coldcraftのペダルでは、どうしても変えなければならない必要がある場合を除き、基本的に共通したコントロールレイアウトで制作しています。これは制作にかかる時間を短縮し、出来る限り早く、エフェクトをお届けするためです。実際、異なるエフェクトであっても、基板部を制作すればあとの工程は共通化できます。これにより、複数の種類のペダルを同時に制作できるようになりました。時間の短縮につながるのはもちろん、ペダルの品質を管理する上でも有効です。

全ては最高品質のペダルを制作し、プレイヤーにご使用いただくためです。