Aspri (アスプリ)

アメリカ

リバーブは、ギターに使われるエフェクトの中でも、もっともポピュラーなエフェクトの1つです。

ASPRIのリバーブシステムは、一切の電気的な回路を使わず、アコースティックギターにコンサートホールのようなリバーブをかけることの出来る唯一のシステムです。そこには一切の電気的な回路も、増幅装置も、電源も使われていません。そして、取り付けも簡単で、ギターを加工したり、特別な工具を使う必要も一切ありません。

ASPRIの主宰者、ロベルト・アスプリは子供のころから眠るときに使っていたスプリングのマットレスからインスパイアを得ました。ロベルトは語ります。
「いつも眠っていたマットレスは、動くたびにエコーのように響いていました。そんなマットレスから起き上がったある日、使っていたアンプのリバーブユニットが壊れてしまいました。それを見た瞬間、アコースティックギターにアタッチメントできるリバーブユニットという、クレイジーなアイディアが浮かんだのです。」

ロベルトはエレクトリックリバーブの代わりに、電気を必要としない、そして音の良いリバーブの開発にとりかかりました。

長い試行錯誤の始まりでした。Liona BoydやAlexandre LaGoyaをはじめ、多くのプレイヤーからの幅広い意見もいただきました。

そして、ケベック州のインダストリアルデザインインキュベーター、CRIQと、インダストリアルデザイナーのMichel DallaireとClaude Mauffetteの助けを借りて、ASPRIのリバーブシステムはようやく世界に出て行く準備ができました。

ASPRIは、カナダ、ケベック州から1989年にインダストリアルデザイン部門のCanada Award for Business Excellenceを受賞し、ケベックシティの市民ミュージアム(Musee de la Civilisation)で、カナダ人の発明品として展示されています。

ASPRIは、その後世界中に販売され、今でも多くのプレイヤーに愛用されています。

【製品一覧】