Alexander Pedals / Radical Delay

Alexander Pedals / Radical Delay

アレクサンダーペダルズ / ラディカルディレイ

Alexander Pedals Radical Delayは、現代的な操作感を維持しながら1980年代の“クリスタルクリアー”なデジタルディレイサウンドを今に甦らせます。
時計の針を戻すため“ホバーボード”をひっつかみ、“リーボック”にPump upしましょう!

・コントロール
Time:ディレイタイムを10~900msの範囲で調整します。
Repeat:ディレイのフィードバックを調整します。
Tweak:モードごとに違ったパラメータとなるコントロールです。
Mix:クリーン(ドライ)シグナルとエフェクト(ウェット)シグナルのバランスを調整します。ノブが12時の位置でクリーンとエフェクトのバランスが1:1となります。

・Modeトグルスイッチ
Mod:モジュレーションのかかる最もクリーンなデジタルディレイサウンドを再現します。Tweakノブでモジュレーションを付加します。12時の位置でモジュレーションが無くなり、右に回せばコーラス、左に回せばヴィブラートが加わります。

Glitch:最も初期のデジタルディレイサウンドを再現しています。Tweakノブを最小にすればRadical Delayは入力信号をそのまま出力するような“正確な”ディレイサウンドとなり、右に回していくと“Ghost in the Machine”スタイルの奇数倍音が加わるグリッチサウンドとなります。Tweakノブを最大にすれば、Radical Delayのサウンドはシンセサイザーやビデオゲームコンソールのようになります。

Bend:ディレイにピッチシフターが加わる、最初期のスパイラルアップ/ダウンエフェクトをベースとしたサウンドです。リピートごとに音程が変化します。Tweakノブを左回りにするとピッチが下がり、右回りでピッチが上がります。

※:ディレイタイムを最小設定にしても、様々な効果は有効です。Modモードではコーラスサウンド、Glitchモードではロボットマシン、Bendモードではドライシグナルをブレンドし、壊れたハーモニーマシンのような音を出すことができます。

・電源
Radical Delayは、スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。電池はご使用になれません。
9Vよりも高い電圧での駆動には対応していないため、高電圧で駆動すると故障する場合があります。ご使用の際はアダプターを確認してください。大きめのコネクタにも対応するよう、アダプタ端子部は余裕を持った作りとなっています。
複数のペダルをデイジーチェーンで使用することも可能ですが、もしノイズ等が発生する場合は別途個別のアダプターをご使用ください。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス