Stetsbar / T-Style Model

Stetsbar / T-Style Model

ステッツバー / ティースタイルモデル

Stetsbarは、クラシックなストップテイルピース、テレキャスター、ストラトキャスタータイプのギターに、一切の穴あけなどの改造を必要とせずに取り付けることのできる、モダンでプロフェッショナルなトレモロシステムです。
ハイテックマイクロローラーベアリングと専用のブリッジにより、Stetsbarは圧倒的なピッチレンジとスタビリティを実現。スムースにアームダウン/アームアップを行えます。
※多くのクラシックなギターに無改造で取り付けられますが、取り付けるモデルによって、一部改造が必要な場合がございます。

Gibson Les Paul、SG、ES-335、Flying V、Fender Telecaster、Stratocasterなど、多くのギターにStetsbarは対応します。Stetsbarは、その高い汎用性と操作性からプロ、アマ問わず世界中のギタリストに使用されています。

●T-Styleモデル
Stetsbar T-Styleモデルは、Stetsbarを最も有名にしたモデルです。
T-Styleモデルは、オリジナルテレキャスターのアッシュトレイブリッジのネジ穴にそのままフィットするよう作られています。
また、必要な場合にネックポケットに挟んで適切なネック角度を付けるシムが付属しています。

T-Styleモデルの取り付けの際、ギターに穴あけや加工などは不要です。さらにチューニングの安定性も抜群です。(一部モダンなモデルや特殊なモデル、USA製以外のモデルではネジ穴を開ける必要がある場合がございます。)

T-Styleモデルを使えば、まるでストラトキャスターのようなベンドを実現し、またテレキャスターの音色がさらに輝きます。

T-Styleモデルは、取り付けの際にネックを外す必要があり、また正確な調整が必要となる工程がございますので、ギターのメンテナンスに慣れていない方は、お近くのリペアショップ等にお持ち込みいただくことを推奨します。

※誠に恐れ入りますが、お手持ちのギターへの取り付け、また取り付け後についてのサポートは致しかねますのでご了承ください。リアピックアップはシングルコイル用です。ハムバッカーやP-90などのギターをお使いの場合、ブリッジプレートの加工が必要となります。


●インストール
1:もともとのアッシュトレイブリッジを取り外し、リアピックアップを外します。


Stetsbarのテンションアジャストスクリューをゆるめ、フローティングロックスクリューを締めてブリッジを一番後方に設定します。Stetsbarのブリッジをブリッジプレートから取り外し、リテイナースクリューを露出させます。続いてネジをはずし、ブリッジプレートを丁寧に引き上げます。


取り外す際には、ライナーベアリングの位置やスプリングの固定法などを確認しながら行ってください。後で元に戻す必要があります。

3:ブリッジピックアップを取り付けます。ピックアップの高さは高く設定しておいてください。必要ならば、ピックアップスプリングやラバースリーブをより長いものに交換してください。また、ピックアップのショートを避けるため、絶縁が必要なポイントがある場合もございます。


4:Stetsbarのベースプレートの3つ、または4つのマウンティングホールを使い、付属のスクリューで固定します。元のブリッジを固定していたネジは使用しないでください。グラウンドワイヤーがある場合、接続を忘れないようにしてください。


5:ブリッジプレート、スプリング、リテイナーバーを取り付けます。ライナーベアリングがはずていないことを確認してから取り付けてください。続いてリテイナースクリューを取り付けます。このネジは硬く締めたあと、ブリッジプレートを可動させるために半回転戻してください。

6:続いて、ネックアングルをチェックします。高さが足りない場合、付属のシムをネックポケットに挟み、必要なネックアングルを確保します。

7:アームを取り付けます。

※T-Styleの取り付けは、かならずメンテナンスの経験が豊富な方が行ってください。


●セットアップ(画像はStop Tailモデルですが、方法は共通です)

1:テンションアジャストスクリューを調整し、ブリッジプレートがスムーズに動く位置で固定します。



2:弦を張り、ストレッチして安定させ、チューニングを行います。


3:チューニングをすると、アームが弦の張力で引かれます。Stetsbarをゼロポイントに戻し、正しいギターのスケールとなるよう、テンションアジャストスクリューを用いてブリッジの位置を調整します。


4:ブリッジの位置を調整する際は、左右それぞれのテンションアジャストスクリューを少しずつ交互に回します。こうすることで、弦のテンションが急激に変わったりすることを防げます。


5:Stetsbarがゼロポイントの位置にあるとき、Hexアームマウント(A)とブリッジプレート(B)が並行になります。このとき、ブリッジの位置も正しくなります。また、ブリッジ交換前に印をつけたマスキングテープなどでブリッジの位置(1弦側と6弦側)をマーキングしておくと、ブリッジの位置を確認することもできます。

6:楽器のイントネーションが正しく合うよう、ブリッジの高さを調整し、またサドルの位置を調整してイントネーションを合わせます。


7:Stetsbarをフローティングさせない状態(アームダウンのみの状態)にすると、弦切れやダウンチューニングの際にもチューニングが安定しやすくなります。フローティングロックスクリューがブリッジプレートに当たるまで締め、さらに少し締めてブリッジプレートを前に出します。その後、テンションアジャストスクリューでブリッジプレートを戻すと、確実にアームアップができなくなります。ドロップDチューニングや弦切れなどでブリッジへのテンションが弱まった際にもブリッジが後ろに下がらなくなるため、チューニングの狂いを抑制できます。


●FAQ
・Stetsbarのピッチレンジは?
弦のゲージにより異なりますが、.009-.042のゲージで、オープンローEを最大でオクターブドロップ程度のセッティングが可能です。アームアップは、セッティングによりますが3F程度とまでです。弦のゲージが太くなると、ピッチレンジは狭くなります。Stetsbarをご使用になる場合、.011-.048より太いゲージは推奨しません。通常、Stetsbarのピッチレンジはスタンダードなシンクロナイズドトレモロブリッジと同程度だと回答しています。

・Stetsbarでチューニングがすぐに狂う!
Stetsbarのインストールとセッティングに問題が無いか確認してください。さらに弦がきちんとストレッチできているかをご確認ください。その上で、最も重要なのはギターのナットです。Stetsbarは、ライナートレモロでテイルピースとブリッジも可動式です。そのため、ナット部が唯一の弦が擦れる部分です。ナットの溝切りがしっかりと行われていることを確認し、それでもチューニングがすぐにずれてしまう場合、グラファイトナットやローラーナットなど、摩擦の少ないナットをご使用になってみてください。また、ニッケルストリングの方がチューニングが安定するかもしれません。

・Stetsbarを導入してから、どこを調整すれば良いですか?
トレモロアームでのプレイを繰り返し、Stetsbarに慣れたらテンションスクリューを少し調整してみてください。

・Stetsbarのハムノイズ対策は?
どうしてもStetsbarに起因するハムノイズが発生する場合(弦アースが取れない場合)は、Stetsbarにグラウンドワイヤーを接続してください。ブラックモデルなどでは、接続部のメタル部を露出させる必要がある場合があります。Stop Tailモデルではトレブル側のストップているホール内、S-Styleではインストール時にグラウンドワイヤーを接続するので、追加で何かをおこなう必要はありません。T-Styleではリアピックアップのネジからグラウンドが接続されますが、一部のピックアッププレートが無いモデルの場合、グラウンドを接続する必要がある場合がございます。

・スタンダードなモデルではないギターにStetsbarは取り付けられますか?
Stetsbarは、ストップテイルピースやテレキャスタータイプのブリッジ、ストラトキャスタータイプのブリッジに適合するよう作られています。スタンダードなモデルに合わせて作られていますので、モダンなタイプやUSA製以外のモデル(USA製でもモダンなスタイルの場合)では、取り付けに加工が必要な場合もございます。
また、特殊なモデルでは取り付け自体ができないこともございます。ご了承ください。

MOVIE

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

(お取り寄せについてはお近くの販売店までご相談ください。)

 

 

定価:オープンプライス